会社概要

会社名株式会社エヴィス
所在地〒465-0072 愛知県名古屋市名東区牧の原3-1203-2
連絡先TEL:052-602-7723 / FAX:052-709-5747
設立2010年3月2日 (evisは2000年1月開業)
事業内容ダイビングスクール、プール、ツアーの運営と企画・器材販売
資本金1,000万円
代表者加藤大典
人数インストラクタートレーナー3名 インストラクター10名
ダイブマスター2名 事務&運営スタッフ4名
取引銀行愛知銀行 大垣共立銀行 楽天銀行
主な取引先日本海中技術振興会 株式会社日本ダイビングスポーツ ワールドダイブ株式会社 エスエーエス株式会社
株式会社マスク 株式会社タバタ スキューバプロアジア株式会社 株式会社トラベルプロインターナショナル
沖縄ツーリスト 有限会社アテナ工央 海上保安庁第四管区 名古屋市消防局

沿革

2000 年1月30日ダイブプロショップevisを名古屋市千種区本山にオープン
2002年2月20日学生サークル[エターナルブルー]立ちあげ協力
2003年1月11日テクニカルダイビング事業開始
2005年11月ダイビングプール用地購入
2006年12月2日名古屋市最大のダイビングプールを名古屋市名東区牧の原にオープン
2007年10月25日ダイブプロショップevis本山店を閉店
2007年10月30日ダイブプロショップevis本店を名東区牧の原のダイビングプールに併設
総合ダイビング施設としてグランドオープン
2007年10月31日ダイブプロショップevis栄店をサテライト店として、旅行会社、トラベルプロインターナショナル内にオープン
2010年3月2日株式会社エヴィス設立
2011年6月30日高圧ガス(ナイトロックス)製造事業所認可
2011年10月30日TDISDIインストラクター養成コース開始(CMASも継続中)
2012年5月30日テクニカルダイビング、サイドマウント、リブリーザー、トライミックスコース開始
2013年3月28日ダイブプロショップevis栄店をクローズ
2013年4月2日ダイブプロショップevis名駅店をオープン
2016年1月1日指導団体SDIダイバーコース・インストラクターコーススタート

evis 5つの経営理念

オールハッピー

お客様は、夢の実現や目標達成によって、感動と喜びでハッピーになる。スタッフは、お客様のハッピーを実現するための努力の結果、自身の成長と自己実現でハッピーになる。会社はお客様とスタッフにハッピーな環境を提供するとともに、利益を上げ、その利益を元手にますますハッピーな環境を提供することで、お客様とスタッフをますますハッピーにする。お客様がダイビングを謳歌し、スタッフがプロフェッショナルを極め、会社の財産(お客様、スタッフ、ノウハウ、資産)を元にダイビング業界に良い影響力を与え、業界もハッピーになる。そして関わる全ての人をハッピーにし、生きる喜びの和を広げる。

ダイバー第一主義、ダイバーをドロップアウトさせない

私たちスタッフの使命は、ダイビングを始める人やダイバーの方たちの叶えたい夢や目標を実現することです。ダイバーの期待に応えられるサービスを提供し続け、ひとりひとりにあったコーディネイトをしていきます。スタッフはおもてなしの心を大切にしつつ、指導者として常に正しい立場で接することを心がけています。インストラクターの使命はダイバーにダイビングを続けてもらうこと。準備をしっかり行いダブルチェックを徹底し計画潜水を行います。安全第一をお客様満足度よりも優先し、安全で安心できる環境を提供することでダイバーが育つと考えます。

交わした約束を必ず守り、お客様との絆を大切にする

サービス業の使命は、お客様に満足してもらうこと。徹底して有言実行を貫き、お客様との約束を忠実に守ることで厚い信頼関係を構築していきます。また、私たちスタッフが基本的な準備を怠ると、お客様は楽しみやダイバーとしてのレベルアップの機会を喪失してしまいます。私たちスタッフは事前準備を万端に整えて、お客様の機会喪失のゼロを目指す意識づけを徹底しています。

本気で仕事する人財が会社を発展させ組織を作る

人財といわれる社員は、公明正大で大義名分のある高い目的を立て、無駄を省き、カイゼンを行い本気で努力し目的を達成する。会社と社員はお互いを支え合うパートナー。会社のブランドを高め、お客様や会社をハッピーにする人財を、評価し、高待遇を保証しています。よい人財をモデルに、ほかの社員も切磋琢磨していく強い組織を育てます。

社員とその家族が安心できる雇用環境の充実

社員は会社の宝物です。その社員と家族の幸せを守ることも、会社が負うべきミッションです。福利厚生、労働環境の充実、安心して働ける会社づくりを行っています。仕事ができる人財ほど給料が高く休暇が多い。そしてそれが新たな発想の源になっていく。これが当社の常識です。


キーワードから探す