[撮影地]西伊豆 井田<09.06.23>
[撮影者]山下将司

[学名]Sebastes inermis
[分類] 条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-カサゴ目-カサゴ亜目-フサカサゴ科-メバル亜科-メバル属
[和名]フサカサゴ
[英名]Rockfish
[体長]15〜30cm
[生息地]伊豆 南紀 北陸

分 布:北海道南部〜九州、朝鮮半島南部

卵胎生の魚で1〜2月頃に4mm程の稚魚を産みます。
卵胎生とは、卵のまま産むのでなく、体内でふ化させた仔魚を産むことをいいます。
だから、出産?間近のメバルは、お腹がパンパンです。

ちなみに交尾は11〜12月頃。
雄が誘惑しているシーンを見られます。

泳力はあまりありませんが、あのデカイ目は伊達ではなく、かなり視力は良いらしいです。
だから、なかなか釣れません。

水底から中途半端な位置で斜めにホバリングしている魚は多分こいつ位ではなかろうか?
赤っぽいメバルより黒っぽい方がうまい・・あーメバルの煮付けが食べたーい。
水中でそう思ってしまうのは、私だけ?

夏ごろ越前で赤ちゃんメバルの群れが見られますよ。

2004.07


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す