[撮影地]北陸 越前 かぶし岩
[撮影者]まきちゃん


[学名]Pseudoblennius percoides
[分類]顎口上綱-新鰭亜綱-カサゴ目-カジカ亜目-カジカ科-アナハゼ属 
[和名]アナハゼ 穴鯊
[英名]Perch sculpin
[生息地]佐渡島 北陸 伊豆 南紀 隠岐之島  

ハゼという名ですが、ハゼではなく獰猛なフィッシュイーターのカジカの仲間。でっかい口で獲物をくわえているシーンもよくみます。

繁殖活動の面白い魚で、秋に交尾します。広島では○ンポダシという名前がつくほど、♂には立派な生殖器がついています。秋はブラブラさせています(笑)。交尾した♀は体内受精するのではなく、体内にストックしておき、冬にホヤの出水口に産み付けるときに受精させます。産卵前の♀の特徴は、噴火しそうなおなかから白いL字の管がでていています。卵が孵化して、ダイバーが赤ちゃんを見られるのは、春ごろ。赤ちゃんはこれまたとてもかわいいですよ。彼らの寿命は産卵後には、つきてしまうそうです。

写真は夏のはじまり越前。カレイのあかちゃんをゲット!
撮影はevisメンバーのまきちゃん。


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す