皆さんこんにちは!
ダイブプロショップevis SDIインストラクターの 杉本有作 です。
海に遊びに行きたい!ダイビングライセンスを取得したい!はたまたダイビングって何?
とお考えの方へ、このブログをお届けしたいと思います。


前回パート1を読んでいない方は是非ご覧になってください。
【これからダイビングを始める方へ】パート1はこちら

今回はダイビングの安全性について皆さんのお悩み、ご不安を解消できればなと思っております。


20年間無事故



ダイビングスクールの入門コースとは、ダイバーではない人がダイバーになるコースですから、
担当するインストラクターの責任は重大です。
何が確立していたら無事故で安全性の高いダイビングを行うことができるのか
興味がある方もいらっしゃると思います。その理由はいくつかあります。

一つ目は安全の目です。
僕もevisのインストラクターコースの卒業生ですが、
事故を起こさないための徹底したトレーニングをしてもらいました。
特にグループコントロールについては徹底的にアウェアネス(周囲への注意力)を働かせて、
講習生から目を離さないということが、どういうことなのか、
安全管理のプロフェッショナルに必要な能力を開発してもらいました。

これだけ目が配れるということが受講される方たちに
とっても大きな安心感になっていると感じていますし、
まだ海に慣れていない初心者ダイバーの安全をしっかりと守ることができると思います。

二つ目は高品質な教育プログラムです。
ダイバー自身が安全に潜るための
本当に必要な技術や知識そして心構えまでスクールの中でお伝えできていることが、
ダイバーひとりひとりの力も借りて、
より安全性の高いダイビング環境にすることができるものだと思います。

三つ目は環境です。
もしもの時に備えていることです。
インストラクターはもしもの時の為の救助訓練を定期的に行い、
ダイビング活動先にはAEDや医療用酸素などを用意します。
なかなかダイビング事故は起こるものではありませんが、
安全に対する心構えをしっかりもつことで、小さなトラブルに気づき早期対応を可能にできます。


evisでは、20年間ダイビングスクールの安全の考え方を誠実に実践してきました。
講習生みなさんのご協力もあり、おかげさまでevisのダイビングスクールは20年間無事故です。
安全第一で決して無理は致しません。講習もその人にあったペースを考えながら進めております。
特に自社ダイビングプールでじっくり習得していただけることは大きなメリットになっています。
これからも安全が信頼の証となるようにこれからも安全を意識した運営に努めてまいります。



私たちが選んだ指導団体


ダイビングCカードを発行するのは指導団体です。
世界中には様々なダイビング指導団体があります。
例えばクレジットカードと同じように、ある程度、世界的に認められたCカードがおすすめです。

evisが選んだ指導団体は
【SDI(スキューバダイビングインターナショナル)】です。
アメリカで1994年に設立され、日本には2016年に上陸しました。
世界でトップ3に入る規模で、
最先端の知識や技術をもち現在最も成長している将来性の高い指導団体です。

SDIは、世界のダイビング基準であるRSTC(レクリエーショナルスキューバトレーニング協議会)に加盟しています。
つまり間違いなく高い水準の指導団体であることが認められています。
そしてSDIはTDI(テクニカルダイビング)やERDI(パブリックセーフティ(救助や捜索関係))といった
トップクラスの姉妹団体に持つことで、日本でも他では習うことができない
最先端の情報や技術を享受できることはとても大きなメリットなのです。


ダイビングスクールの安全とは、
指導団体(教育プログラム)、
インストラクター(教育や安全管理)、
そして環境(ダイビングプール、海洋環境、安全のための備え(サポート体制、AEDや酸素))
これらがそろってはじめて確立されます。
ダイビングスクールの安全がないがしろにされていないか確認することは重要です。

次回は【ダイビング教育】についてお話ししたいと思っています。




国の認定基準をクリアしたライフジャケットの認定検査の会場として協力しました。
愛知県安城の株式会社BRAVOさん 民間のメーカーとして基準をクリアしたのは初だそうです!
とても興味深いメーカーさんで、私たちは海に潜ってしまいますが、水面に浮かぶアトラクションなど面白いものを制作しています。
弊社では貸し切りで、TV局の水中撮影や救助トレーニング、各種実験や認証テストなどダイビングプールを貸出しています。





昨日から本店ビルの改装工事が始まりました。
第一期工事は6月末の完成予定です。
外装もすこし変わりますのでお楽しみに(^O^)
期間中、ショップ、プールともに営業しております。
駐車場などご不便おかけしますがよろしくお願いいたしますm(._.)m



TDIエクステンディッドレンジダイバーコースって必要性があるのか?
と熟練のテクニカルインストラクターから問われることがあります。

その理由は、
空気で40m以深に潜ることは、窒素ナルコシス(酔い)のリスクが大きくなるので安全だと思わない。
よって、TDI減圧手順ダイバーからダイレクトにTDIトライミックスコースへいくべきではないか?
と話されます。それも正解ですしTDIスタンダード上問題にもなりません。
また高圧則について懸念される方もおりますが、それあたりはブログで
『テクニカルインストラクターと高気圧作業安全衛生規則について』
に書いておりますのでご参考にしてください。

それではなぜ私はTDIエクステンディッドレンジダイバーコースを
積極的に行っているのかについてお話ししたいと思います。

まずコースの内容ですが、
・TDIはエクステンディッドとトライミックスが、ひとつのマニュアルになっています。
・やるべきスキルがよく似ています。
よって私のコースでは2つのコースをコンボか継続して開催することが多いです。


たしかにヘリウムが入手でき、100%トライミックスが製造できる環境があり、常に使用できるのであればエクステンディッドレンジの出番はありません。
しかしどこでもトライミックスを用意してもらえるわけではありません。またコストの問題もあります。
例えば、ビキニ環礁の沈船群は水深が50mクラス 長いクルーズですべてトライミックスを使用するとコスト的な問題をクリアしなくてはなりません。
また私は海外の探検の時に二度、充填機械が壊れて、トライミックスが当日作れないと言われたことがあります。
ひとつは浅い水深に計画変更すればいいですが、
私は深い沈船の探検目的で、エクステンディッドのスキルがあったので、空気潜水で目的達成できました。
トライミックスが使えない場合の為にもエクステンディッドレンジトレーニングをしておく価値はあると考えています。

たしかに深場の空気潜水は窒素のリスクが懸念されます。
僕も窒素にすごく強いわけではありませんが、
酔いにくくするための方法を理解しているので、それを講習生に教えています。
いまのところ、講習生たちはトレーニング中にひどい窒素ナルコシスにはなっていません。
理想的な呼吸法とスキルやマインドまで整えることで、空気でのガス中毒の影響を軽減できます。


基礎がしっかり整うということは
エクステンディッドレンジダイバーは、テクニカルダイバーとしての成長につながると考えています。

また普段、空気のディープダイビングを行わない方も、
インストラクターが同行するエクステンディッドレンジダイバーコースの中で、
つまり安全が確保されている環境下で、空気の深場のキャリアを積んでおくことも経験の幅が広がると考えています。


またダイビングのトレーニングは時間とコストを考えるとミニマムを目指すと思いますが、
効果的にテクニカルダイバーを成長させると考えると必ずしもミニマムの基準クリアするだけの講習が優秀とは限りません。
たくさんの教育や経験の機会を作ることで、より良いダイバーを育てる時間を持つことができることも大きな理由です。
山形県のアーバンスポーツの相星さんのSDITDIにクロスオーバーを担当したのですが、その時に逆に多くの事を学ばせてもらいました。
『なにかのコースをやるときに、そのコース内容だけではなく、その受講生が不足することころ、理解していないところを補い強化することもインストラクターの役割なんだ。』
そのとおりだと再認識できました。

どのダイビングコースも無駄ではないと考えています。
そのコースにたくさんの価値を見いだしているインストラクターから多くのことを学んでみてください。

TDIエクステンディッドレンジダイバーコース



テクニカルダイビングにおける高気圧作業安全衛生規則はどのように適用させるのか?

コマーシャルダイビング(作業潜水)の現場で、
高気圧作業安全衛生規則により、
簡単に説明すると水深40m以深に空気で潜ることはNGになりました。

さてこの規則がレジャーダイビングを扱う私たちにどのように影響があるのか?

JAUS理事、JAUS亜寒帯研究室 工藤和由さんにお聞きして、
テクニカルインストラクターの対応をまとめました。



まずTDIのオープンサーキットコースでは、
減圧手順ダイバーコースで、最大水深45m。
エクステンディッドレンジダイバーコースで最大水深55m。
トライミックスダイバーコースで最大水深60m。
アドバンスドトライミックスダイバーコースで、100m。
というトレーニング水深が設定されています。



まず、はしめに伝えることは、
トライミックスダイバーコースもアドバンスドトライミックスダイバーコースもヘリウムを使用し、
酸素も窒素も高気圧作業安全衛生規則の範囲内に収められるのでまったく問題がありません。

注意すべきは、
空気を使用し40mを超える可能性のある
減圧手順ダイバーコースやエクステンディッドレンジダイバーコースです。

まずこれらのコースは、減圧手順で30m、エクステンディッドレンジで最低でも40m潜らなくてはなりません。
つまりこの範囲であれば問題ありません。つまり国内でのコース開催自体は可能です。

次に考えたいのが、高気圧作業安全衛生規則は労働者の為のものですので、
ショップオーナーが自身の判断で報酬を得てオーナー自身が潜りコースを開催しているなら、
40m超えていても問題ありません。

ショップスタッフがテクニカルインストラクターの場合は注意が必要です。
スタッフとは労働者になります。つまり高気圧作業安全衛生規則が適用されます。
よって業務としてテクニカルを教えて報酬を得る場合は、
高気圧作業安全衛生規則の範囲にとどめ水深の範囲を考えなくてはいけません。

ただしスタッフが遊びで潜ったり、海外でコースを開催される場合は、
国内法が適用されませんので可能となります。
またテクニカルダイバーやインストラクタコースに参加される場合、
自身のトレーニングは報酬を得ているわけではありませんので、これも国内で行っても問題になりません。

またナイトロックスの活用方法ですが、
高気圧作業安全衛生規則は、PO2が1.6、PN2が4.0以内となっていますので、
例えば、ナイトロックス28を活用することで、水深45mまでの範囲がOKにもなります。

実際のテクニカルダイビング理論と高気圧作業安全衛生規則には若干の違いがありますが、
規則やスタンダードを守り安全にテクニカルダイビングを行いましょう。

協力: JAUS理事、JAUS亜寒帯研究室 工藤和由さん
参考記事: JAUS高気圧作業安全衛生規則の改訂について


キーワードから探す