もともとは、ケーブ(洞窟)ダイビングで、いかに狭いところを通り抜けられるかということで作られてきたスタイル。通常の背中にタンクを背負うスタイルをバックマウントと呼んでいるが、左右、横に一本ずつ装着することからサイドマウントと呼ばれている。

このスタイルは、洞窟だけではなく通常のダイビングでもそのメリットに人気を集めている。 ・タンクを分離して一本ずつ運べる。肉体的負担が少ない。 ・ダブルタンクを使用しなくても、大容量のガスを水中に持ち込むこともできる。 ・ホリゾンタルトリム(水平姿勢)やストリームライン(流線型)に有利。つまり泳ぎやすい。 ・タンク2本が分離していて、それぞれにレギュレターが装着しているので、器材トラブルの時に対応がしやすい。


ダイビング用語集

evis的な見解で、分かりやすくダイビング用語を解説していきます。まだまだアップしているものは少ないですが、隙をみて、書き込んでいきますのでお願いします。

また、解説してほしいダイビング用語をリクエストする場合は[お問い合わせ]へご一報ください。

右下にある[検索]フォームに調べたいダイビング用語を入力して調べることもできます。

目標の100タイトル達成!!
さらに200タイトル達成!!
次は300タイトルめざします〜。


視線を合わせることで相手の状態を把握したり意思を伝達したりすること。
言葉でのコミュニケーションが困難な水中では、アイコンタクトが重要なコミュニケーション手段となります。目と目が合うことで安心感も得られます。 


キーワードから探す