[撮影地]富士五湖 本栖湖
[撮影者]山下将司

[学名]Micropterus salmoides
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-スズキ目-スズキ亜目-サンフィッシュ科-オオクチバス属
[和名]オオクチバス 大口バス
[英名]Largemouth bass
[体長]30〜50cm
[生息地]日本全国、湖沼、河川の流れの穏やかなところに生息。

コクチバス・フロリダバスなどとと共に通称ブラックバスと呼ばれます。
1925年、北アメリカから73尾が芦ノ湖近郊の池に放流され、高い繁殖力から増加したようです。

水生昆虫、エビ、魚類を食べています。

産卵期は5〜7月。
雄は湖底を清掃して産卵床を作りそこへメスを誘います。
何匹ものメスを産卵させるため、個数は1万粒にもなることがあります。
雄は卵と稚魚を保育します。

暴食で繁殖力が強いため、移入された場所の生態系がかわってしまうことが、危惧されています。

5〜6月富士五湖のひとつ本栖湖がおすすめ。この時期は雄が巣から離れないのでじっくり観察ができるかも!

2004.06



[撮影地]2009.09.01 北陸 敦賀
[撮影者]山下 将司

[学名]Takifugu rubripes
[分類]フグ目ーフグ科
[和名]トラフグ
[体長]約30~70cm
[生息地]


続きを読む

[撮影地]パラオ [撮影者]リック


[学名]Nemateleotris helfrichi
[分類]スズキ目ーハゼ亜目ークロユリハゼ科ーハタタテハゼ属
[和名]シコンハタタテハゼ 紫紺旗立鯊
[英名]Helfrichs dartfish
[体長]約6cm
[生息地]奄美大島、小笠原諸島等 25~60m生息
[特徴]由来は体色が「紫紺」のためシコンハタタテハゼと名がついた。サンゴ礁の砂礫底を好んで住処にしている。
生息水深が~60mととても深く、じっくり観察は難しいところ。2020/04/26



続きを読む

[学名]Zanclus cornutus
[分類] 条鰭綱-スズキ目-ニザダイ亜目-ツノダシ科-ツノダシ属
[和名]ツノダシ 角出
[英名]Moorish idol
[生息地]伊豆 南紀 沖縄 中・西部太平洋 サンゴ礁域

ディズニー映画[ファインディング・ニモ]でギル役を演じていました。

エンジェルフィッシュやチョウチョウウオの仲間と間違えられやすいですが、1科1属で他に仲間のいない独立した種なのです。
生態もあまり解明されていませんが、産卵は外洋でするらしい。

パラオでは2〜3月ごろ何百という大群が集まります。産卵行動なのだろうか?
日本近海でも近年はよくみられます。

食事はとがった口でカイメンやエビなどを食べています。
口の中は歯ブラシみたいになっています。

ツノダシという名前は目の上の小さな角が出ていることから。
英名 Moorish Idol 直訳でムーア人のアイドル? ムーア人が昔、顔を黒く塗っていたからか?

チョウチョウウオの仲間のハタタテダイによく似ています。一番簡単な見分け方は尾の色が黒いか黄色いかです。身近で謎の多い魚です。

2005.11


続きを読む

evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す