[撮影地]ミクロネシア パラオ ブルーコーナー
[撮影者]山下将司


[撮影地] 2009.08.17 沖縄 久米島
[撮影者] 山下 将司



[撮影地]ミクロネシア パラオ ブルーコーナー
[撮影者]山下将司

[学名]Caranx sexfasciatus
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-スズキ目-アジ科-ギンガメアジ属
[和名]ギンガメアジ
[英名]Sixbanded trevally
[体長]約40cm
[生息地]インド洋、太平洋熱帯地域


[特徴]銀紙を貼ったような体表。目が大きい。といった特徴から「銀紙鰺」や「銀河目鰺」と言われています。
群れまたは単独行動、日中はサンゴ礁周辺で群れを作っていることが多い、一個体が大きい為、観察では見ごたえがあります。
食用魚ではありますが、シガテラ毒の報告もある為、熱帯地域産のギンガメアジの調理は控えるべきである。

※「シガテラ毒」とは
シガテラ毒とは熱帯や亜熱帯の魚の中に蓄積される毒素で、サンゴの海などで、毒性の植物プランクトンを餌とする小魚を捕食し続けた大型魚の内臓や筋肉に蓄積される毒素。腹痛、下痢、嘔吐などの消化系障害や頭痛などの循環器系障害が起きます。特効薬なし
2020/04/25


続きを読む


[撮影地] 2009.09.19 屋久島

[学名]Bolbometopon bicolor
[分類]スズキ目ーブダイ科
[和名]イロブダイ
[体長]80cm
[生息地]伊豆諸島、和歌山県以南、珊瑚礁域にすむ。
[特徴]雌雄で色味が全く違い、かつ幼魚は頭部が橙色に近く、ほかは淡い白色である。本項画像参照
80㎝近く大きくなり、かなり巨大。藻食性で死サンゴ等に生える藻類を捕食する。2020/04/28



続きを読む

[撮影地]パラオ [撮影者]リック


[学名]Nemateleotris helfrichi
[分類]スズキ目ーハゼ亜目ークロユリハゼ科ーハタタテハゼ属
[和名]シコンハタタテハゼ 紫紺旗立鯊
[英名]Helfrichs dartfish
[体長]約6cm
[生息地]奄美大島、小笠原諸島等 25~60m生息
[特徴]由来は体色が「紫紺」のためシコンハタタテハゼと名がついた。サンゴ礁の砂礫底を好んで住処にしている。
生息水深が~60mととても深く、じっくり観察は難しいところ。2020/04/26



続きを読む

[学名]Manta birostris
[分類]軟骨魚綱-板鰓亜綱-トビエイ目-トビエイ科-オニイトマキエイ属
[和名]オニイトマキエイ 鬼糸巻鱏、鬼糸巻鱝
[英名]Manta ray
[体長]3〜8m
[生息地]世界中の熱帯・亜熱帯海域、特にサンゴ礁周辺に生息する。普段は外洋の表層を遊泳するが、沿岸域でも見られる。

一度は別種とみられていたものが一種にまとまりこれまで一種とされてきたマンタ。
和名はオニイトマキエイと呼ばれていました。
2009年 2種いることが改めて発表され
沿岸沿いに生息する種類を『ナンヨウマンタ』外洋に生息する大型種を『オニイトマキエイ』と和名もつけられました。


©zukankun



evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す