テクニカルダイビングでは、一般的なレクリエーショナルダイビングでは、タブーとされてきたダイビングを行うことが可能になります。
これまでタブーとされてきた減圧潜水や洞窟潜水ですが、器材や知識の技術革新により、よりセーフティーに行うことができるのです。テクニカルダイビングでさまざまな可能性が広がったのです。もちろん自己責任の探検の世界でもあります。

これまでのダイビングでは満足できない冒険派の方、通常ありえない環境でもっと水中撮影を楽しみたい方、最先端のダイバーとして最高峰を目指したい方、探検のわくわくを一緒に味わいましょう。一緒に大冒険しましょう。そしていつか水深120mへシーラカンスを見に行きましょう。

ベーシックコース

コース 参加基準 ひとこと
ナイトロックスダイバー オーブンウォーター1 酸素濃度40%まで使用 
いまやダイバーの標準資格
イントロテックダイバー アドバンス1 通常のダイビングに
テクニカルの考え方とテクニック
ベーシック
サイドマウントダイバー
アドバンス3 最新のダイビングスタイル
サイドマウント器材が必要となる

 

ディープダイビングコース

コース 参加基準 ひとこと
アドバンスナイトロックス
ダイバー
レスキュー1

酸素濃度100%まで使用
加速減圧でさらに安全
最大水深45m

減圧手順ダイバー アドバンスナイトロックス
マスターダイバー1

タブーとされてきた減圧潜水
計画潜水で安全性が向上!
最大水深45m

エキステッドレンジダイバー 減圧手順 ディープエアの最高峰
酸素の濃度の異なるガスを携帯し、
段階的に減圧を行う、ハイレベルなコース
最大水深55m
トライミックスダイバー エキステッドレンジ ヘリウムガスを使用し、窒素と酸素のリスク
を軽減することで、大深度潜水が可能に 
最大水深60m
アドバンスド
トライミックスダイバー
トライミックス

ヘリウムガスを使用し、
さらに中間ガスを使用、よりディープに。
最大水深100m

 

リブリーザー(CCR)コース

コース 参加基準 ひとこと
CCRダイバー アドバンスナイトロックス 閉鎖回路でベストミックス&ガス
最大水深30m
減圧
CCRダイバー

CCR
エキステッドレンジ

減圧も可能に 最大水深45m

※ミックスガス
CCRダイバー
減圧CCR
トライミックス
最大水深60m
※アドバンスドミックスガス
CCRダイバー
ミックスガスCCR 最大水深100m

 

オーバーヘッド環境コース

コース 参加基準 ひとこと
カバーンダイバー レスキュー1 洞窟潜水の入門コース
イントロケーブダイバー カバーン
マスターダイバー1
本格洞窟潜水の限定コース
アドバンスレックダイバー

レックダイバーorカバーン
マスターダイバー1

沈船などに内部侵入する
本格的沈船潜水
フルケーブダイバー イントロケーブ 限定解除の本格的洞窟潜水
ケーブサイドマウントダイバー ぺーシック
 サイドマウントダイバー
フルケーブダイバー
最新のスタイルで洞窟潜水
フルケーブとコンボコース可能

 

※印のコースは現在開催できません。数年以内に開催できるように準備中です。 
2011年には本州でいち早くナイトロックス充填施設を導入し、名古屋市内最大のダイビングプール施設も含め、テクニカルダイビングのトレーニング環境として最適なスクールです。