洞窟探検家の吉田さんたちのTDIカバーンダイバーコースが始まりました。

そして決してドライスーツは使用することがないと思っていた吉田さんがドライスーツを30年ぶりに使用しています。
カバーンの海洋に向けて、深度をとったダイビングもしておこうと計画していたのですが、みんな忙しくてなかなかタイミングがどれません。

そこでカバーンのプールコースの翌日に、なんとかプラン出来る富山の滑川でラウラウ池田さんと一緒に潜ろうと話していました。しかし、海況不良のため潜水不可・・・

そこで、カバーンのプールが17時に終わった後、そのまま清水の三保で、ナイトダイビングでトレーニングしようということになりました。


清水の三保のナイトダイビングは、フィッシュウォッチングとしてもとても楽しいダイブサイトです。

カバーンコースに参加していた吉田さん 土屋さん そして東京からお越しのSDIインストラクターのSさんも加わり、三保に向かいます。
現地に22時に到着し準備開始。かなり夜釣りの人もいますが、ダイバーがエントリーすると、どうぞ~と場所を譲ってくれます。
ほんと清水って温かい場所だなとまいど思います。

生き物も面白く、まずはボトムまでいくと、大きなタチウオが私たちの周りをゆっくり旋回。おもしろいくらいマダイの稚魚がまばらに砂地に寝ています。ライトを当てると、無数の小エビの群れが集まってきます。でっかいクエが寝ていたり、なかなか見どころ満載でした。

1ダイブを終え、名古屋に27時に到着。開催かと思ったら、Cちゃんも合流して牛丼屋さんへドライスーツインナーのまま、、
けた外れに元気なメンバーです。


  1. 1コメントを入力
  2. 2入力内容の確認
  3. 3送信完了
名前必須
メールアドレス
URL
タイトル必須
コメント必須
パスワード必須
Cookieに保存

キーワードから探す