コースの目的

シビアな環境で安全なダイビングスタイルを研究されてきたテクニカルダイビング。
その考え方やテクニックを一般的なダイビングに活かすことができるこのコース。

例えば、フィンワーク。通常のダイバーのフィンワークからさらに洗練されたテクニックをテクニカルダイビングではいくつも開発しています。このコースでは[モディファイドフロッグキック]など四種類のテクニカルなフィンワークを習います。
そしてトリム。水中での水平姿勢のことを示していますが、[ホリゾンタルトリム]と呼ばれる究極のバランスを養います。今回のコースは、これからのあなたのダイビングスタイルを洗練させるのに最適なコースです。

達成できること

  • テクニカルな減圧停止不要潜水ガスマネージメント
  • ホリゾンタルトリム
  • 推進力テクニック (モディファイドフロッグ・モディファイドフラッター・ヘリコプターターン・バックワード)
  • チームワークとアウェアネス
  • 水平トリム状態でのSドリル(バブルチェック、OOA)

受講の条件

アドバンスドオープンウォーターダイバー以上
evisのディープダイビングspレベル
※行うスキルは、中性浮力の状態で水深を変えずに、器材脱着(マスク、ウエイト、フィン、BC)、中層からのフロートアップ、難易度は高いですが、卓越したダイビングスキルが身に付きます。evisのディープダイビングsp受講ください。
evis以外で活動の方で、スキル不足と判断された場合、ディープspにご参加いただくか、イントロテックコースの中で、追加プール講習(費用別途)をご希望いただければスキルをレクチャーしていきます。



テクニックと同時にチームワークも安全と快適さの大切な要素


講習と所要時間

【学科】
1. 物理学
  a. 圧力レビュー
2. 生理学 
 a.浮上/潜降
 b.評価
 c.低体温
 d.精神面
3. 器材コンフィグレーション
 a.シングル/ダブルシリンダー;バルブ 
 b.レギュレーターオプション
 c.ハーネス/BCDオプション
 d.コンピュータ、ボトムタイマー、水深ゲージ 
 e.リール/スプール
 f.リフトバッグ/SMB(サーフェイスマーカーブイ)  
 g.保護スーツ  
ストリームライン きちんと装着された器材
4. ダイブプランニング
 a.テーブル/コンピュータ・ダイビング計画と実行 
 b.水面空気消費率(SAC)計算 
 c.無減圧ダイビングのための最小限のガスマネージメント シュチュエーショナルアウェアネス 
5.手順
 a.エントリ/エクジット 
 b.ガスロスのエマージェンシー

【ランドドリル】
1.器材の選択と準備
2.SMB配備のためにバディチェック
3.バディ間でマッチするガスの配備
4.基本的なハンドシグナルをデモンストレーション
5.チームと個人のガスの消費に基づく限度で、十分なプレ・ダイビング計画をデモンストレーション

【プレダイブドリル】
1.全てのダイビング前にはSTART(※)を使ってチェック
2.ストレスの分析とその低減
※)STARTとはSdrill(OOAドリル バブルチェック)、Teamの器材チェック、Air(ガスマッチング)、Route(EN/EXと水中コースの確認)、Tables(深度、時間、ポイント、スケジュール)

【ウォータードリル】
1.ウエイトチェック
2. 十分な浮力コントロール(手または足を動かすことなく安定して中性浮力)をデモンストレーション
3.十分なトリム(潜降、ボトムとダイビングの浮上、ホリゾンタルトリム)をデモンストレーション
4.no-siltingで推進力テクニックをデモンストレーション:フロッグキック、モディファイドフロッグキック、モディファイドフラッターキック、バックワードキック
5.水平でトリムと中性浮力を維持している間、以下のエクササイズをデモンストレーション:
 a. レギ交換
 b. レギリカバリー
 c. マスククリア(マスク内の半水没を、最小の空気損失で)
 d. マスク脱着(最小の空気損失で)
6.水平でトリムと中性浮力を維持し、セーフティドリル(S-ドリル)をデモンストレーション
7.Wタンク使用の場合は、水平でトリムと中性浮力を維持し、バルブシャットダウンドリルをデモンストレーション
7.水平でトリムと中性浮力を維持し、SMB打ち上げデモンストレーション
8.よいシュチュエーショナルアウェアネス

費用


【受講料】90,000円 ★開催2名以上20000割引
 内訳
 コース費用60,500(講習費50500プール1日10,000) +税
 教材費4,500 +税
 登録費5,000 +税
【実習費】(海洋実習1日) 20.000円+税

[含まれないもの]
ボートダイビング費用 宿泊代 器材レンタル代 交通費 食費
※基本はビーチダイビング ご要望や海況により使用する場合があります。
[オプション費用]
ボート5000~

必要器材

  • 申請用写真2枚(縦4cm×横3cm証明写真)
  • ダイブコンピュータ
  • クローズドタイプSMB(フロート)
  • スプール(18m以上)
  • 水中ノート
  • 通常のダイビング器材一式
  • ご不明な器材については担当インストラクターまでご相談ください。

講習スケジュールなど

講習は、学科は、コンファインドウォーター(プール)トレーニング中にレクチャーしていきます。すべてevis本店ダイビングプールで行います。学科プールの所要時間は8時間です。

予定しているイントロテックコースはホームページスケジュールにアップしておりますが、メールや電話でお問い合わせやリクエストもお気軽にどうぞ。
海洋実習は基本は日帰りツアーで行っていますが、さまざまなリクエストにお応えいたします。例えば、遠方の方は、学科プール講習後、evis名古屋クラブハウス(有料2.100円)に宿泊し、翌日に日帰り海洋実習に参加することも可能です。

またアドバンスドナイトロックスコースとコンボコースも開催可能です。日程まとめて2コース行えます。

担当インストラクターより一言

2007年にリリースされたコースです。
テクニカルダイビングのエッセンスを通常のダイビングで活かすことのできます。
このコースを受講することによって、普段のダイビングがより安全で快適かつカッコイイ!になります。
なぜならテクニカルの洗練されたスキルと考え方が身につくからです。



TDIテクニカルダイビングインターナショナルは、世界で最大のもっ と広く認知されたテクニカルダイバーの指導団体です。最新の有益な 情報と革新的な技術に溢れた教材による、最高品質のプログラムを 提供しています。TDIのインストラクターは世界で実施されるすべての TDIのプログラムのトレーニングの質を保持するための、最高レベル の規準を順守しています。 過去には、スポーツダイバーは不必要にテクニカルダイビングに 恐怖を抱いていて、このレクリエーショナルダイビングの進歩面への 挑戦をためらっていました。見慣れぬ器材に当惑するダイバーもいま した。従来のスポーツダイビングの境界を越えることを危惧するダイ バーもいました。しかしほとんどのダイバーはテクニカルダイビングの 本当の姿を理解していなかったのです。また知っていても経験があっ ても真実の姿を知るダイバーはごく少数でした。これまではテクニカ ルダイビングの正しい全体像をスポーツダイバーに伝える情報源が なかったのです。 イントロテックはTDIのトレーニングカリキュラムに加わった比較 的新しいプログラムです。2007年に導入されました。このマニュアル の目的、そしてコースの目的は、スポーツダイバーにテクニカルダイビ ングの概念を伝えることにあります。コースの内容は、多様なテクニ カルダイビングの活動を定義し、器材を説明し、その選択の範囲を規 定し、さらに各コース、スペシャルティの正式なトレーニングの内容を 紹介することに絞りこまれています。コースが進む中で多くの都市伝 説が暴かれ、テクニカルダイビングの真実が明らかになっていきます が、それがこのコースの目的ではありません。独り立ちできるダイバー を育てることでもありません。これからのテクニカルトレーニングの基 礎を築くのが目的です。そしてテクニカルトレーニングを始めようと考 えている方は、まずはこのコースに参加してみてください。始めるにあ たって十分な情報を得ることができ安心してテクニカルのコースに進 むことができるようになります。またテクニカルダイビングに進むこと は考えていなくてもテクニカルの知識やノウハウを知りたいと考える ダイバーにもとても価値あるコースとなっています。 あなたにとって、このプログラムが役に立つ情報に溢れていると信 じています。 セーフダイビングを!


キーワードから探す