コースの目的

このコースでは、最大深度40m(130ft)までをEAN21~酸素100%で適切なミックスを使用することについて検証します。このコースの目的は、減圧停止を必要としないダイビングにおいて酸素21~100%のEANを使用することについての利点や危険性、適切な手順について教養およびトレーニングすることです。インストラクターの裁量でTDI減圧手順やイントロテックと組み合わせることができます。

達成できること

  • 酸素の割合が21%を越えるナイトロックス~100%酸素までのガスを使い、深度40mまでの潜水計画の立案ができるようになります。
  • テクニカルダイビングのノウハウを活かし、通常のレジャーダイビングにおいても、ダイビングの効率を考え、リスクを抑えることを考える事ができるようになります。
  • 加速減圧で窒素の排出を高めることができます。
  • SMB展開テクニック(オーラルとパワーインフレーター)、ステージボトルの取り扱いなどのテクニックを身に付けます。

受講の条件

1. 18歳以上、保護者の同意がある15歳以上
2. TDIナイトロックスダイバーもしくは同等資格保持者以上
3. 海洋でのダイブログ25回以上
4. このコースをTDI減圧手順コースと組み合わせて指導する場合、講習生の年齢は18歳以上
※アドバンスドダイバー レスキューダイバー イントロテックダイバーコースを事前に受講をお勧めしています。

講習と所要時間

【学科】8時間 
1)物理学(圧力・分圧)
2)生理学(低酸素症・酸素中毒・窒素酔い・窒素の吸収と排出
  二酸化炭素中毒・一酸化炭素中毒)
3)公式(ベストミックスの算出・MOD)
4)器材に関する考察(FO2=40%未満のガスと以上のガスへの対応・リール・SMB)
5)ダイブテーブル(EAD・減圧ソフトの活用)
6)ダイブコンピューター(ミックスの調整・O2対応機能・ミックス切り替え機能)
7)ダイビングの計画(酸素限界・窒素限界・オペレーション)
8)ミキシングの手順と分析(分圧混合・連続混合・メンブレン)
9)減圧(減圧ガスとしてのEAN及び酸素・多様ガスの交換)

必要なスキルと修了要件
トレーニングダイビングでの最大深度は40m(130ft)以内また、以下のテクニックをオープンウォータートレーニングにおいて習得しなければならない:
ランド ドリル
1. ナイトロックススキルの復習
2. 正確なキャリブレーション方法を含めた酸素アナライザーの正しい利用
方法をデモンストレーション
3. ダイビング前の適切なダイブプランニング
a. 個々のガス消費量に基づく限界
b. 計画した深度での、実際に使用するミックスガスによる酸素曝露に基づく限界
c. 計画した深度での、実際に使用するミックスガスによる窒素曝露に基づく限界
4. 各ダイビングにおけるCNS酸素曝露時間とその累積量を計算し、記録する。
5. ガスラベリングの理解度をデモンストレーションで確認
6. 酸素サービスのための装置と準備と関連した規定を遵守する。
7. 使用する際には、正確な酸素%をナイトロックスPDC(ダイブコンピューター)に入力する
8. 事前に計画した範囲内で適切にダイビングを実施

このコースの修了条件は:
1. TDI ADナイトロックスコース エグザム(学科テスト)に合格すること
2. 海洋実習の全ての内容を安全かつ効果的に行えること
3. ダイブプランニングとその実行に関し適切な判断を行えること
プレダイブドリル
1. すべてのダイビングの前にS.T.A.R.Tを実行
*START:S(S-ドリル-空気切れ時の対応トレーニングとバブルチェック)、T(チーム-バディの器材チェック)、A(エアー-ガスマッチング)、R(ルート-エントリー/エキジットと計画された水中コース)、T(テーブル-深度、経過時間、コース上のチェックポイント、スケジュール)
2. ストレスマネジメント(分析と軽減)

水中ドリル
1. 的確な浮力コントロールのデモンストレーション(手足を動かすことなく水平姿勢を維持してホバリング)
2. コミュニケーション、すぐ近くにいること、チームダイビングの練習を通じて、バディや他のチームメンバーへの優れたアウェアネスを示す
3. プライマリレギュレーターのフリーフローをシャットダウンサイクルによりコントロールし、バックアップレギュレーターへの交換をデモンストレーション
4. 中性浮力を保ちながら、適切な安全停止を行う。
5. 水中において一定の深度、位置を維持しながら統率のとれたバディとのエアシェアを、レシピエント(エア切れダイバー)とドナー(エア提供ダイバー)の両方をデモンストレーション
6. 正しい姿勢をデモンストレーション;適切のトリム、前進時のホリゾンタル/ストリームラインなど
7. 適切なストレス分析(認識とマネジメント)のデモンストレーション
8.中層における、姿勢と位置をコントロールした状態でのエアシェア
9.水中からのSMB(フロート)の打ち上げとSMB(フロート)を使った浮上と安全停止
10.ステージボトル(EAN50~O2)のガスチェンジ手順
11)ステージボトルの取り扱い

費用


●コース費用合計 100,000円+税
 ※開催2名以上の場合は20,000割引  
[日数]
学科8時間 プール8時間 海洋2日
[含まれるもの]
コース費用90500(講習費35500プール10000海洋費45000)
教材費4500
登録費5000

[一般:含まれないもの]宿泊代 ボート代 器材レンタル代 交通費 食費
[オプション費用]
ボート5,000~
酸素ステージセット1日5,000×3日間
宿泊8,000~
※ステージボトルお持ちの方の充填費用
酸素充填100bar2,000  180bar4,000

必要器材と持ち物

  • 各講習生は次の器材が必要です:
  • 1. プライマリレギュレーターに接続されたオルタネイトセカンドステージオクトパス、もしくはリダンダントスクーバユニット:1.9L(13ft3)以上
  • 2. SPG(残圧計)
  • 3. 深度計、自動ボトムタイマーおよび/もしくはPDC(ダイブコンピューター)
  • 4. パワーインフレータ付きBCD
  • 5. ナイフまたは切断器材(カッティングデバイス)
  • 6. トレーニング環境に適したダイビングスーツ
  • 7. 使用するEANに適合するよう洗浄され、認定ラベルが貼り付けられているシリンダーーとレギュレーター
  • 8. 酸素アナライザーでの分析(酸素アナライザーはインストラクターが提供してもよい)
  • 空気ダイブテーブル
  • EANテーブル
  • ダイブコンピュータ
  • クローズドタイプSMB(フロート)
  • スプール(21m以上)
  • 通常のダイビング器材一式
  • FO2=40%を超えるEANx用・酸素用に正しく洗浄されたタンクとレギュレーター(レンタルのご用意もあります)
  • 酸素アナライザー(インストラクターが持っていきます)

講習スケジュールなど

学科8時間+プール8時間 海洋実習2日
evisのアドバンストナイトロックスはより効果的にコースを進めるために、事前にマニュアルをお渡ししてホームワークで練習問題(Knowledge Qest)を完了後、学科講習を行い、内容が深く理解できるようにしています。学科では、インストラクターがPowerPointで、分かりやすく解説し、オリジナル教材も活用して酸素の取り扱いやガス分圧について学べます。
このコースでは、学科講習8時間を一日もしくは数日に分割してevis本店3Fレクチャールームで行います。学科はオンラインにてウエビナー(zoomなど)受講も可能です。evis本店ダイビングプールで行うコンファインドウォーターではイントロテックで習ったスキルをベースにテクニカルなスキルをさらに磨いていきます。所要時間は、8時間です。事前にスキルトレーニングを行い、海洋実習では、海洋という環境でより効果的となるトレーニングを行っております。
予定しているアドバンスナイトロックスコースはホームページスケジュールにアップしておりますが、予定が合わない場合は、メールや電話でお問い合わせやリクエストもお気軽にどうぞ。

海洋実習は基本は日帰りツアー×2 or 一泊二日で行っていますが、さまざまなリクエストにお応えいたします。

担当インストラクターより一言

加速減圧で窒素排出効果大! テクニカルダイビングの理論が1からわかる学科講習、実技ではテクニカルのハイレベルなテクニックが身に付きます。

テクニカルダイビングに進みたい方はもちろん、深場でのカメラ派ダイバーさんもより安全な潜りかたを知っていただけます。また、ダイビングの知識や見解を広げたいダイブマスターやインストラクターの方々にもおすすめのコースです。


キーワードから探す