泳いでいる時のかわいいしぐさ。笑っているような瞳。
一緒にいるだけで、癒されてしまいます。



evisのインストラクターは、名古屋で15年前から御蔵島ツアーを開催している、イルカツアーのパイオニアです。インストラクターはもちろん、 evisのお客さんにもドルフィンスイム上級者がいますから、evisのイルカツアーではイルカたちが近くまで寄ってきます。初めて参加される方でも、目と鼻の先で遊んでもらえます。ショップでは、過去のイルカツアーのビデオも上映しています。

evisにはドルフィンスイムを習うのに、最適なダイビングプールがあります。

これから旅先の海での突然のイルカとの出逢いに備えて、ドルフィンスイムをマスターしませんか?

水中でイルカと出逢えるという魅力。


やはりイルカがお魚と違った魅力があるのは、人と同じような遊び心や気持ちがあるからでしょうか?
なんといってもアイコンタクトができるのが、まずはすごいことですよね。
その他にも例えば、捕まえたタコを自慢するかのように、ダイバーの目の前に持ってきたり、
海藻やビニールをヒレにひっかけて、仲間同士で遊んだり、
仲良し同士だとヒレでボディタッチしたり、
お母さんが赤ちゃんにおっぱいあげたり、
お姉ちゃんが子守したり、
ダイバーがカメと遊んでいると、僕と遊ぼうよと近づいてきたり・・

ただ生きているだけではなくて、人間と同じように遊び心があることが、イルカに魅かれる理由なのでしょうか?


オーナーだいすけ イルカとのはじめての遭遇のお話


僕がはじめてイルカに出会ったのは、20歳の時でした。
大学のスキューバ部の上級者ダイバーで小笠原のケータ列島に潜りに行ったときのことです。

あちらこちらから現れる大型生物を20分ほど見て楽しみ、水深の浅いところでまったりとしていました。僕は、アカモンガラという魚が小さな窪みに入ってグーグー鳴くのを楽しんでいました。

すると、突然グーグーという鳴き声にまぎれて、キューキューという鳴き声が聞こえてきました。あたりを見渡してみると、遠くの岩陰から、背びれを立てた大型生物が30頭ほどこちらへ迫ってきます。一瞬、サメか?と思いましたが、次の瞬間にイルカと分かり、みんなでスキューバのまま、イルカたちを追いかけました。

イルカの群れはゆっくりと遠ざかって行きましたが、しばらくすると、二頭のイルカが戻ってきてくれました。時間にして30分みんなで夢中でイルカと遊びました。

それまでイルカにそれほど興味のなかった僕でしたが、この日から無条件にイルカが大好きになりました。


小雨の名古屋から6名で出発!
目指すは御蔵島!!
無事 上陸できるかな??
予定より少し早めに東京に着いたら お風呂で身を清めて無事 上陸を祈願?!しました
竹芝桟橋で現地集合の4名と合流して 全員集合
22:30 東京の夜景を見ながら いざ出港です

条件付き出港でしたが 翌朝 御蔵島に無事 着岸
みんなの願い叶い 上陸できましたぁ〜
上陸率100%のリックがいたからかな???

ドルフィンスイム 1本目スタート!
海洋状況の都合で島の半周しかできないとのことですが 雨の影響で滝の数が増えた島を眺めながらイルカ探し すると早速イルカの群れを発見
船長さんは慎重にイルカ達の先回りをして エントリー いきなり人懐っこいイルカがいて しばらく遊んでくれました
幸先の良いスタートです
その後も何度か人懐っこくて遊び好きな子に遭遇して みんなのテンション上がりまくり!
ランチを挟んで2本目も行っちゃいました
海洋状況が良くなり 今度は島一周できました
もちろん2本目も いっぱい遊べましたよ

また海況が変わり 翌日のドルフィンスイムは諦めて 帰った方がいいとのアドバイスがあり そうすることに
でも 2本 存分に遊ぶことができたので 心残りなし 楽しい気分のまま 早朝から帰路につきました

御蔵島にフェリーが着岸できないとの事で 漁船で三宅島に移動
海が荒れ模様のため 波しぶきをじゃぶじゃぶ浴び みんな揃ってズブ濡れになりましたが そんな事も笑い飛ばしちゃう余裕のあるメンバーさんたちでした
あらかじめ着替えておいてもらって よかったぁ〜(みっち心の声)
三宅島に着いたら フェリーが来るまで思い思いに過ごしました
ちょっとだけ心配された フェリーの三宅島着岸もできて ひと安心
乗船後はみんなが撮った 写真や映像の上映会をして 最後の最後まで楽しみました

笑いの絶えない3日間
ホントにホントに楽しかったですね!

またイルカに遊んでもらいに行きましょうね!
ありがとうございました!!



キーワードから探す