[撮影地]西伊豆 大瀬崎 湾内 <2008.4.1>
[撮影者]山下将司


[学名]Idiosepius paradoxus
[分類] 軟体動物門-頭足綱-二鰓亜綱-ミミイカ目-ヒメイカ科
[和名]ヒメイカ 姫烏賊
[英名]Japanese pygmy cuttlefish
[生息地]伊豆 南紀


成熟したメスで胴長2cm、オスは1.5cmほどにしかならない世界最小のイカ。

海藻などに付着し、寿命は3ヶ月ほどと短命。
三陸以南、インド〜西太平洋、オーストラリア北岸まで分布する。

3月〜4月に伊豆半島でよく見られるます。
大瀬崎などで、海藻をじっくり探すと、発見できるかも!?
小さいながらも足をいっぱいに広げて威嚇する姿は、大きなイカのも負けない風格!?
世界最小のイカを、是非、あなたも見て下さい!

2008.03


evis生物図鑑へ戻る