[撮影地]オーストラリア グレートバリアリーフ
[撮影者]加藤大典


[学名] Epinephelus tukula
[分類]条鰭綱-スズキ目-スズキ亜目-ハタ科-ハタ亜科-マハタ属
[和名]カスリハタ
[英名]Potato grouper
[体長]100〜200cm
[生息地]沿岸の岩礁域やサンゴ礁域。和歌山県沖、高知県柏島、鹿児島県片浦、屋久島、種子島、沖縄諸島
[特徴]ダイビング中もなかなか会えないレア生物、食用では高級魚として1㎏5,000円ほどで取引されます。
体には斑模様があり、ジャガイモに似ているので英名が[Potato grouper]と言われています。
2020/04/25


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す