[撮影地]2010.03.06 南紀 串本
[撮影者]
[学名]Serranocirrhitus latus
[分類]スズキ目ーハタ科
[和名]ハナゴンべ
[体長]~8㎝
[生息地]伊豆大島、八丈島、串本、高知県柏島、琉球列島。西部太平洋
[特徴]
体はピンク色が主で、背びれ周りが黄色い。目の周りから下にかけて後方にのびる2本の黄色線がある。
観賞用としてアクアリストからも人気のハナゴンベはダイバーにも親しまれています。
食性は動物プランクトンを捕食します。
2020/04/25


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す