[撮影地]2008.09.04 小笠原

[学名]Helcogramma striata
[分類]スズキ目ーヘビギンポ科
[和名]タテジマヘビギンポ
[体長]約5cm
[生息地]伊豆諸島、小笠原諸島、奄美大島以南。東インド・太平洋
[特徴]赤みを帯びた体に、明瞭な青白い縦帯がある。発見できるポイントに行けば、あちこちで見かけるので観察しやすい。岩礁、サンゴ、コーラルの上にいることが多い。繁殖期は春。19~20℃の春先で求愛行動を見ることができる。放精放卵、受精のタイミングはわずか1秒ほどであり、カメラに収めようと、小一時間タテジマヘビギンポのみを観察するダイバーもいる。2020/04/29


evis生物図鑑へ戻る