[撮影地]東伊豆 伊豆海洋公園

[学名]Neosynchiropus ijimai
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-スズキ目-ネズッポ亜目-ネズッポ科
[和名]ヤマドリ
[英名]
[体長]4〜6cm
[生息地]北海道積丹半島~宮崎県、伊豆半島 南紀
[特徴]口先が尖がっていること、背びれがとても大きいが普段は体に付けてねかせているので、大きな背びれを観察したい場合は繁殖期、夕方を狙って観察に行くのが良いかもしれません。2020/05/03


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す