[撮影地]
[撮影者]
[学名]Pomacanthus imperator
[分類]スズキ目ーキンチャクダイ科
[和名]タテジマキンチャクダイ
[体長]~40㎝
[生息地]相模湾以南。~インド・中部太平洋、珊瑚礁や岩礁域に生息
[特徴]幼魚、成魚で体表模様が変わる種。 幼魚は本項写真のような紺色に白い帯が丸く繋がる模様。成魚は頭部を除いて尾びれまでに黄色の帯が縦に続く。海綿などの付着生物を食べる。水族館でよく見かけれる種2020/05/01



evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す