[撮影地]沖縄 西表島 [撮影者]山下将司


[学名]Ostracion cubicus
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-フグ目-モンガラカワハギ亜目-ハコフグ上科-ハコフグ科
[和名]ミナミハコフグ
[英名]Yellow boxfish
[体長]成魚20〜30cm
[生息地]伊豆 南紀


本州でみられる季節来遊魚の中でも一番かわいいのがこのミナミハコフグの幼魚です。

岩にいる甲殻類を食べているの様子は、岩にチュチュとキスしてるみたいです。
小さいのは1cm以下。
しっぽを丸めて自在に回転するのが得意。
以外と速く泳ぐのですが、その姿は黄色い球が飛んでくるみたいです。

秋ごろ伊豆や南紀でみられます。
水深の浅い岩陰を探してね。

2002.09


[撮影地] 2008.12.23 東伊豆 伊豆海洋公園 iop [撮影者] 市川 華代子


©ずかんくん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す