[撮影地] 2008.12.23 東伊豆 伊豆海洋公園(IOP)
[撮影者] 
[学名]Solenostomus cyanopterus
[分類]トゲウオ目ーカミソリウオ科
[和名]カミソリウオ
[体長]10cm~15cm
[生息地]伊豆、インド洋、熱低地域

サンゴ礁や、岩礁の比較的浅い水深で生活することが多く、近種として ニシキフウライウオ がいる。
各個体ごとに見た目や色合いに違いがみられ細かな識別は難しい。
腹鰭、尾鰭が大きく、ほかの魚類と比べてもかなり特徴的な見た目からダイバーやアクアリストから親しまれています。
活発的な生物ではなく、海藻などの近くで漂っていることが多い。
肉食性で無脊椎動物や動物プランクトンを長い吻を使って捕食する。
個体によっては、サラサエビなどを捕食する個体もいる。
2020/04/25


©ずかんくん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す