[撮影地]獅子浜<2009.03.01>
[撮影者]山下将司
[コメント]マツカサウオの幼魚です。幼魚は成魚よりも黄色く、ゴールデンな感じがゴージャスです。

[学名]Monocentris japonica
[分類]条鰭綱-棘鰭上目-キンメダイ目-ヒウチダイ亜目-ヒウチダイ上科-マツカサウオ科-マツカサウオ属
[和名]マツカサウオ 松笠魚
[英名]Pinecone fish、Knight Fish、Armor Fish
[体長]成魚10〜15cm
[生息地]伊豆 南紀
[特徴]硬く厚い鱗で身体が覆われています。マツカサウオの特徴は下あごの先端部に発光器があり、発光バクテリアを赤く発光させることができます。漢字にすると「松毬魚」松毬はいわゆる松ぼっくりで鱗と鱗の間の黒模様から松ぼっくりに見えることで呼ばれるようになったとか。
2020/04/25



[撮影地]西伊豆 井田
[撮影者]


©ずかんくん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す