[撮影地]西伊豆 井田
[撮影者]千代島由学
[コメント]写真は幼魚です。幼魚は秋の伊豆に稀に現れます。ぱっと見、枯れ葉にしか見えません〜

[学名]Platax orbicularis
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-スズキ目-ニザダイ亜目-マンジュウダイ科-ツバメウオ属
[和名]ナンヨウツバメウオ 南洋燕魚
[英名]Orbicular batfish、Round Batfish、
[体長]30〜40cm
[生息地]幼魚は太平洋岸の各地。年によっては日本海側でも見られる。成魚は琉球列島以南に多い。インド-太平洋
[特徴]若魚、成魚で形が大きく変化する魚類。若魚のころは水面を漂うように活動し、容姿は流れ着いた落ち葉の様です。擬態していると考えられています。成魚は落ち葉のような鰭が無くなり中層を活発に泳ぎ回ります。
雑食性で小魚、甲殻類、藻類、貝類と何でも捕食するといわれています。
2020/04/25


evis生物図鑑へ戻る