[撮影地]2009.10.09柏島 [撮影者]K.Oさん


[学名]Nemateleotris decora
[分類]条鰭綱-新鰭亜網-スズキ目-ハゼ亜目-クロユリハゼ科‐ハタタテハゼ属
[和名]アケボノハゼ 曙鯊           
[英名]Purple Fire-goby
[体長]8〜10cm
[生息地]インド洋~西部太平洋

エビと共生するハゼの仲間です。
水深深めの30m以深でみられることが多いので、
ノンストップダイビングでは、時間的に余裕がないので撮影には注意が必要です。
沖縄などでも見られますが、伊豆や串本でも見つかることも。
和名のアケボノハゼは、体色の美しさからついていますが、
命名されたのは、退位された上皇上皇后両陛下なのです。
上皇陛下は魚類への造形が深く、ハゼ類への研究をされています。
この名前は美智子上皇后陛下のご提案で皇太子時代に命名されたそうです。
2019.06


[撮影地]2009.07石垣島 [撮影者]市川華代子


©ずかんくん 2017年


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す