[撮影地] 2009.04 サイパン[撮影地]
[撮影者]

[学名]Lotilia graciliosa
[分類]スズキ目ーハゼ科ーハゼ亜科ーオドリハゼ属
[和名]オドリハゼ
[英名]Whitecap goby
[体長]約4cm
[生息地]沖縄諸島、八重山諸島、台湾、紅海、インド洋、西太平洋分布
[特徴]黒、白のツートンカラーが特徴的なハゼ、背面から尾鰭に向かって白色。他は黒
かなり鋭敏なハゼでテッポウエビよりも早く隠れる。平静時は巣穴の上でホバリングしている様子が踊っているような様から「オドリ」と名がついた。 サンゴ礁の砂礫底にいることが多い。 2020/04/26


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す