[撮影地] 2009.12.15 西伊豆 三保
[撮影者] 山下 将司
[学名]Ariosoma anagoides
[分類]ウナギ目ーアナゴ科
[和名]ハナアナゴ
[体長]50cm
[生息地] 神奈川県以南の太平洋岸から東シナ海、東インド洋

砂泥に穴を掘って日中は頭部を出してじっとしています。
頭部の粘液腔があり、それを体に纏って体を守っている様です。
夜行性で夜は体を大きくうねらせ活発に行動する姿が良く観察できます。

小魚、ゴカイ、甲殻類を食べる動物食性で、死んだ魚等も食べる。


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す