[撮影地]
[撮影者]

[学名]Spratelloides gracilis
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-ニシン上目-ニシン目-ニシン科-キビナゴ亜科(ウルメイワシ亜科)
     -キビナゴ属 
[和名]キビナゴ  黍女子、黍魚子、吉備女子、吉備奈仔 
[英名]Banded blue-sprat、Silver-stripe round herring
[体長]約10cm
[生息地]

日本では南日本の外洋に面する沿岸域で見られます。

旬は産卵期の初夏。
しかし温かい地域では一年中、繁殖行動が見られます。

卵は粘着性で浅瀬の海藻などに産み付けられます。
なんと孵化して3ヶ月で成熟してしまいます。
寿命は1年。

秋にも太平洋側ですごい大群を見ることができます。
捕食魚のカンパチなどから逃げまどう時の、群れの形の変化はとても芸術的です。

キビナゴの動きを見ているとカンパチなどの大型魚をウォッチングするチャンスも増えて、海の食物連鎖を目の当たりにすることができます。

2004.10


evis生物図鑑へ戻る