[撮影地]ミクロネシア サイパン ディンプル [撮影者]鐵本菜穂子


[学名]Eretmochelys imbricata
[分類]脊索動物門-爬虫綱-カメ目-ウミガメ科-タイマイ属
[和名]タイマイ 玳瑁、瑇瑁
[英名]Hawksbill turtle
[体長]50〜120cm
[生息地]

日本でよくみられるウミガメは、アオウミガメ、タイマイ、アカウミガメ。
タイマイは比較的暖かい海域で多く見られます。伊豆などでも目撃されることもあります。
アオウミガメと比べて、鋭いくちばしに鷹のようなするどい目をしています。
日本ではタイマイの甲羅を装飾品や工芸品としてべっ甲と呼び、古くから利用していました。
現在は絶滅危惧種としてワシントン条約によってタイマイの商業取引は原則禁止されています。
2009.07


©ずかんくん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す