無料説明会を予約する

コース紹介

Course

トライミックス

TDI トライミックスコースは、ステージデコを必要とする深度60m(200ft)までのヘリウムを使用したダイビングで、ナイトロックス、又は酸素ミックスを減圧中に使うダイビングのトレーニングと経験を提供するものです。このコースの目的は、呼吸用ガスとして、酸素/ヘリウム/窒素を使う際の利点、危険要素や正しい手順をダイバーにトレーニングする事である。ガスミックスの酸素は18%未満

受講の条件

  • 18歳以上
  • TDI ADナイトロックスダイバーとTDI 減圧手順ダイバー、またはそれらと同等の資格を保有
  • 100ダイブのログを提出する

講習と所要時間

●学科6時間 ●プール8時間 ●海洋4ダイブ

  1. ご入金後、マニュアルをお渡ししますのでホームワークにてKnowledgeQuestを完了していただきます。
  2. 来店もしくはオンラインで、答え合わせ形式で学科講習を行います。
  3. コンフィグが準備できた状態でプールをスタートします。時間帯に関してはご希望があればご相談ください。
  4. 海洋実習 事前にプールでの基礎トレーニングを完了してからの海洋実習になりますので、よりテクニカルサイドマウントの内容にしっかり望めます。またevisでは海洋で使用するサイドマウントのリスクを踏まえて海洋使用時のノウハウをお伝えしています。日程は基本的に日帰りツアーを複数回or宿泊ツアーで行っていますが、さまざまなリクエストにお応えいたします。

※当校にてエクステンディッドレンジ認定ダイバーの方は、学科は免除(受講済)です。

学習講習
  1. 物理学  A. 圧力復習
  2. 生理学  A. 低酸素症  B. 酸素中毒   I. 全身(OTUs)   II. 中枢神経系(CNS)  C. 窒素ナルコシス  D. 窒素とヘリウムの吸収と排出  E. 二酸化炭素中毒  F. 一酸化炭素中毒  G. ヘリウム   I. HPNS(高圧神経症候群)   II. 呼吸への影響   III. 遮断材としての影響  H. 逆方向拡散  I. 高体温症  J. 低体温症
  3. 減圧の選択肢   I. エアー   II. ナイトロックス   III. ヘリウム
  4. 器材に関する考察  A. シリンダーのオプション  B. ステージ・タンクのオプション  C. スーツ・インフレーションのオプション  D. レギュレターのオプション  E. ハーネス/BCのオプション  F. コンピューター/水深計/ボトムタイマーのオプション  G. 浮上とナビゲーションのリール  H. リフトバッグ/水面マーカー・ブイ  I. ライト(複数)  J. 予備のマスクとナイフ  K. ジョン・ライン
  5. ダイブ・テーブル  A. コンピューター機能のテーブル(複数)  B. DCIEM ヘリオックス・テーブルと、又は、発表されているテーブル
  6. ダイブプランニング  A. オペレーション計画   I. サポート   II. チーム  B. チーム計画   I. ガス必要事項   II. 酸素限界   III. 窒素限界  C. 緊急時計画   I. 減圧が怠られた場合   II. 酸素中毒   III. 分析とログ(記録)   IV. 一般的問題
  7. 手順  A. ボトム、トラベル(移動)と減圧ガス   I. ノーマルなオペレーション   II. 故障、喪失又は、不十分な緊急手順   III. 分析とログ(記録)
プール講習

【ランドドリル】

  1. 基本と中級程度のハンド・シグナルをデモする。
  2. 減圧義務とソフトな天井環境(仮想環境)に適した器材の選択と準備。
  3. リフトバックの配置とガス交換の手順の為のチーム志向のドリル実施。
  4. バディ救助のドリル。
  5. 使用されるガス・ミックスの適切な分析。
  6. 正しいダイブ前計画の提示。  A. 個人やチームのガス消費量に基づいた限界。  B. 計画された深度での実際の混合における酸素暴露に基づく限界。  C. 計画された深度での実際の混合における窒素吸収に基づく限界。


【プレダイブドリル】

  1. 全てのダイブ前には、START* を使ってチェックする事。
  2. ストレス分析とその軽減。


【ウォータードリル】

  1. コミュニケーション、すぐ近くにいること、チームダイビングの練習を通じて、バディや他のチームメンバーへの優れたアウェアネスを示す
  2. 一定の位置と水深を維持しながら、2本のステージシリンダー(減圧用ガス2本、もしくは減圧用ガス1本とバックアップのボトムガス1本)を落とし回収するデモンストレーション
  3. 水中にて、バディ/チーム間でのガススイッチを確認する
  4. 深場からのリフトバッグの使用と、バックアップ浮力デバイスとしての使用
  5. チームメンバーの一人もしくはバディがマスクなしでエアシェアしながら深場からの浮上を、ドナーとレシピエントの両方でデモンストレーション
  6. デコシリンダーのガスロスした場合における、緊急減圧スケジュールを作成
  7. マスク脱着(バックアップマスクに交換)
  8. 中毒ダイバーと一緒に速度をコントロールしながら浮上した後、水面で中毒ダイバーの器材を取り外し、足がつかない水深にて30m(100ft)曳航
  9. マスクを外すか視界を遮った状態で、息を止めたまま水平に15m(50ft)泳ぐ
  10. 事前に計画した範囲内で適切にダイビングを実施
  11. 特定のダイビングに対する、適切なナビゲーションテクニック
  12. 2ダイブ中、浮上リールとリフトバッグを利用してステージデコをデモンストレーション
  13. 不調なプライマリーレギュレーターをスイッチし分離する適切な手順をデモンストレーション。この演習は、40メートル(130ft)以浅で行います。
  14. 的確な浮力コントロールのデモンストレーション(手足を動かすことなく水平 姿勢を維持してホバリング)

主な課題

必要なスキルと終了条件 1.ボトムガスとしてトライミックスを使用する減圧4ダイブが必要で、合計ボトムタイムは100分以上 2. 2ダイブは最大深度40m(130ft)を超えること 3. インストラクターの裁量により、ADレックコースでの2ダイブのログをクレジットしてもよい。

必要器材・持ち物

  • ボトムミックス・シリンダー(※1)
  • 減圧ミックス・シリンダー(※2)
  • スーツ・インフレーションシリンダー(ドライスーツ使用ダイバーのみ必要)
  • レギュレター(※3)
  • 器材構成に適したBC
  • 予備の深度計と時計装置(※4)
  • 現場に必要であれば、予備のライト・システム。
  • リフトバッグ/SMB付きの浮上リール
  • 計画された最大深度に適したもの。
  • 最低23kgのリフトバッグ(排出・バルブ付きが推薦される)
  • オープンウォーター環境に適したスーツ
  • ライン切断器材
  • 水中スレート(減圧/不測の場合のテーブル)
  • ヘリウム・アナライザー(奨励はしない)

※1:タンクの容量は、計画されたボトムミックスの減圧を完了するのに適している事。デュアルバルブ、ダブルマニホールド、又は独立したダブル。TDI基準に則った、ラベリング(表示)がしてある事。

※2:タンクの容量は、計画された減圧に必要な量の最低1.5倍である事。TDI基準に則った、ラベリング(表示)がしてある事。

※3:全てのボトムミックス・シリンダーには、プライマリーとプライマリー予備レギュレターが必要である。全てのプライマリー/ボトムミックス・シリンダーには、残圧計が必要である。もし必要であれば、不測の場合に備えたロングホース付きセカンドステージが水深でのエアーシェアの為に適切に装備されている。3台の必要なレギュレターは、全てがDINか、全てがYORKである事が強く奨励される。

※4:ゲージ・モードを備えたものとして、深度計及び時計機器として使用出来るエアー減圧コンピューター。

担当インストラクターより一言

深度30m以深のダイビングで、理想的なのはヘリウムをミックスしたトライミックスガスです。
現実的にあまり使われないのは、デメリットはヘリウムガスが高価なこと。。
ディープエアの最大深度55mを超える60mまでのダイビングが可能になります。
このコースの次はいよいよ100mダイビングの世界が待っています。



講習費用

講習費 105,600
実習費 33,000
教材/登録費 11,550
合計 150,150
その他の費用 食事代・宿泊費・ボートダイビング代・レンタル代(いずれも必要な場合)
●海洋は2日目ともに2ビーチダイビングの設定です。ボートダイビングの場合は追加1日/5,500円
●トライミックスシリンダー費用は別途になります。
●酸素レギュレーターレンタルが必要な方はコース中1セット/5,500円
●デコシリンダー充填済レンタルが必要な方はコース中1セット/5,500円
●マイステージボトルの方の充填費用・酸素充填100bar3,300円 180bar5,500円 ・NX50充填180bar4,400円

※2名以上だと合計から22,000円割引になります。
※当校にてTDIエクステンディッドレンジ認定ダイバーで学科プール免除の場合は55,000円割引
※当校にてTDIエクステンディッドレンジ認定ダイバーで学科免除の場合は27,500円割引
※実習費にはプールでのシリンダーレンタル、施設入海料、実習経費等が含まれています。
※教材/登録費にはエクステンディッドレンジ/トライミックスダイバーマニュアル、Cカード登録費用等が含まれています。