[撮影地]清水 三保 真崎 <08.2.5>
[撮影者]山下将司


[学名]Periclimenes kobayashii
[分類]節足動物門-甲殻亜門-軟甲綱-十脚目-抱卵亜目-コエビ下目
     -テナガエビ上科-テナガエビ科-カクレエビ亜科-ホンカクレエビ属
[和名]ハクセンアカホシカクレエビ
[英名]Dofleinia shrimp
[体長]2〜3cm
[生息地]伊豆 清水 南紀 伊勢


頭部の後に白い細いラインがあり、アカホシカクレエビと区別できます。数年前までは、和名が決まっておらず、英名の[ドフライニアシュリンプ]と呼ばれていました。

腰を左右に振る姿がたいへんかわいいですよ。

アカホシカクレエビはシマキッカイソギンチャクやサンゴイソギンチャクと共生しますが、本種はスナイソギンチャクのほか、ヤギ類上にもみられます。

水深20mより深場で多くみられます。

ホストとなるスナイソギンチャクを要チェック!    

2002.11



[撮影地]清水 三保
[撮影者]えっちゃん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す