[撮影地]越前 [撮影者]山下将司 2013年


[学名]Hippocampus haema 
[分類]トゲウオ目-ヨウジウオ-亜目-ヨウジウオ科-タツノオトシゴ亜科-タツノオトシゴ属
[和名]ヒメタツ  姫龍
[英名] Korean Seahorse
[体長]約8cm
[生息地]韓国と本州の日本海沿岸と東シナ海の一部 ※太平洋側では見つかっていない

2017年に韓国の学者と日本の学者の共同研究により
いままでタツノオトシゴと分類されていた日本海側の種類が『ヒメタツ』であると発表されました。
いままで、私たちが良く潜る北陸の越前や敦賀、
そしてツアーも組んでいる水俣でみられるタツノオトシゴが、『ヒメタツ』であることが判明しました。

タツノオトシゴより頭部の突起が低いこと、
ハナタツより背鰭の基底付近に側方へ張り出す突起があること
これらで区別できる。主に藻場に生息します。


[撮影地]北陸 越前 かぶし 浜 [撮影者]加藤大典 2005年



[撮影地] 2009.09.01 敦賀 [撮影者] 山下 将司


[撮影地]越前 [撮影者]まきこちゃん 2009年


[撮影地]水俣 山海館前 [撮影者]リック 2017年


[撮影地]北陸越前2019.7.14 [撮影者]杉山様


[撮影地]北陸 越前 [撮影者]新田洸輔


©ずかんくん



evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す