[撮影地]サイパン ラウラウビーチ
[撮影者]山下将司

[学名]Selar crumenophthalmus)
[分類]条鰭綱-新鰭亜綱-棘鰭上目-スズキ目-スズキ亜目-アジ科-メアジ属
[和名]メアジ
[英名]Bigeye scad
[体長]約20cm
[生息地]インド洋-西太平洋側
他のアジ科と比べても目が大きいのが特徴。群れで行動するこの種は数十万もの大群なる事もある。
群れのなかに若魚、成魚が入り混じることはなく、成長につれて居場所を変えることも特徴のひとつ
食用魚としても認知があり様々な研究が行われている種である。
2020/04/25


©ずかんくん


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す