[撮影場所]西伊豆 大瀬崎 湾内
[撮影者]えっちゃん

[学名]Uranoscopus bicinctus
[分類]条鰭綱 -スズキ目-ミシマオコゼ科-ミシマオコゼ属
[和名]メガネウオ
[英名]Blackbanded stargazer、Marbled stargazer
[体長]30cm
[生息地]伊豆 南紀 沖縄 
[特徴]魚は横に目がついているのが当たり前に思ってしまいがちですが、このメガネウオは真上にあります。
砂に体をうずめ、下あごについている疑似餌を細かく動かして、獲物が近づくのをじっと待ちます。
基本は埋まっているので全体像はわかりにくいですが、どっしりした見た目です。平たくはありません。
和名の由来は目の周りに眼鏡のような模様があることか名図けられました。
英名はスターゲイザーフィッシュ。「星を見上げる」という意味になります。
2020/04/28


evis生物図鑑へ戻る

キーワードから探す