ここでは、よくあるご質問をまとめました。

仕事編

Q:インストラクターの資格がありませんが、就職することは可能ですか?

A:ダイビングショップの仕事は多岐にわたります。 電話やメール対応、お客さんの送迎、ツアーの準備、店内の整理・掃除、ホームページの管理…。 海(プール)での仕事以外にも、これだけたくさんの仕事があります。 evisでは、陸上の仕事をしながらインストラクターの資格への勉強をすることが可能です。 むしろ、ダイビング意外に得意分野がある方や、職務経験をお持ちの方を必要としています! (詳細な仕事内容に関しては、二つ下の質問をご覧ください)

Q:インストラクターの資格はあるのですが実務が未経験です。大丈夫でしょうか?

A:初めはインストラクターのアシスタントとして仕事を覚えていただきますので、大丈夫です。 evisには経験豊富なインストラクターが在籍しており、丁寧に指導を致しますのでご安心ください。

Q:仕事内容を詳しく知りたいのですが。

A:体験ダイビング、Cカードなど各種講習、シュノーケリング、ツアー、ファンダイビングのガイドのほか、ダイビングショップの仕事は多岐にわたります。 電話やメール対応、お客さんの送迎、ツアーの準備、器材のメンテナンス、タンクチャージ、販売、店内の整理・掃除、ホームページの管理、イベント企画、会計・経理…。 海での仕事と同じぐらい、陸上の仕事も重要です。 evisでは、各スタッフの個性や得意分野・本人の希望などによって各業務を分担しています。 スタッフ同士がお互いにサポートし合いながらショップを運営していますので、様々な分野でのスキル・能力を磨くことが可能です。

生活編

Q:寮はありますか?

A:牧の原本店の徒歩圏内に寮がありますので、最初は着替えや身の回りの生活用品だけあればOKです。 コンビニ、ホームセンター、飲食店が近くにあるほか、自転車圏内には複数のスーパーがあります。

Q:寮はどういったものでしょうか?

A:1DKの部屋を1人で使用してもらいます。一部屋(自室)は6畳程度の広さで、クーラー付きです。

Q:スタッフはどこに住んでいるのですか?

A:寮に住んでいるスタッフもいますし、牧の原本店の近くのマンションに住んでいるスタッフもいますし、通っているスタッフもいます。

労働環境編

Q:社会保険に入っていますか?

A:はい、正式入社後に、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険に加入することができます。 お客さんの満足度と同じぐらい、スタッフの満足度も高めたいと思っています。

Q:休みはどれぐらいありますか?

A:ショップは月曜定休、月に8日の休日としています。 比較的お客さんが落ち着く冬の時期には、スタッフ間で日程を調整して長期休暇をとることも可能です。

Q:実際には、休みはちゃんととれますか?

A:定休日の月曜にツアーや講習が入ることもありますが、その場合も(夏のトップシーズン中でも)交代制で代休をとることができます。 プロ資格を得ると、夏のトップシーズンは週1日の休日+1日休日出勤になることが多いです(休日手当はあり)。 プロ資格を取得するまでは、週の休日を1日利用してツアーに同行して海でトレーニングをすることをおすすめしています。

Q:通年雇用ですか?冬の間も働けますか?

A:evisでは通年雇用です。 「夏の忙しい間だけ」「オフシーズンになると解雇」というダイビングショップさんもあったり、冬季は給料が減らされて他にアルバイトをしなければならなくなったり、ということもあるようですが、evisではそういったことはいたしません。 evisでは「会社にとって一番大切なもの=スタッフ」と考えています。 スタッフが安心して長期間働くことができる環境づくりに力を入れています。

Q:昇給も可能ですか?

A:本人の能力次第で可能です。 各スタッフの資格や能力によって昇給を決めています。 年功序列ではありませんので、何も努力がなければ昇給がありませんが、本人の頑張りと能力次第で昇給は可能です。 年齢が若いことや、勤続年数が短いことなどは関係ありません。 スタッフの努力をしっかり評価することを心がけているショップです。

Q:賞与(ボーナス)もありますか?

A:年に2回あります。 ショップ(会社)の利益が上がった時は、それに応じてスタッフに賞与として還元します。 各スタッフの成果に応じて賞与は決まります。

その他編

Q:ダイビングショップで働くための適性は何ですか?

A:私たちの仕事は「サービス業」です。 そのための資質としては、「海やダイビングが好き」ということよりも、「人が好き」ということが最も大切だと思っています。 私たちは「ダイビングを通じてお客さんを明るく元気にする」、そしてそれが「日本を明るく元気にする」というところまでつながるとさえ思っています。 そうやって気持ちは熱く、お客さんに「感動や温もり」をお届けすることを目指しています。

Q:将来独立してダイビングショップを経営することを希望しているのですが…。

A:evisはスタッフの夢を応援し、サポート致します。 ダイビングショップに限らず、お店(会社)を経営するには、企画・営業・宣伝・経理などなど、様々な知識が必要だと思います。 サービス業の基本から、その他様々な分野のことを勉強できる環境があります。

Q:貯金はできそうでしょうか?

A:仕事が楽しく熱中する人も多いので、プロとして活躍していくうちにしっかり貯蓄しているスタッフもいます。


キーワードから探す