世界では一般的なダイビング用呼吸ガス:エンリッチドエアーナイトロックス
通称私たちはナイトロックスと呼んでいます。

日本でも少しずつ普及しています。



ナイトロックスで空気潜水のように潜る


図のように通常の呼吸ガス:空気に比べて、ナイトロックスは窒素ガスの割合が少なくなります。
このため、ノンストップリミット(減圧停止不要限界時間)が延長できたり、水面休息時間が短くできたりすることがメリットです。

私たちevisでは、もちろん、水深30mくらいまでの深場のダイブサイトをこのメリットを活かしてボトムタイムの延長したり、本来の利点を活かした潜り方も行います。しかしそれは特定のダイビングツアーの時だけです。


普段のダイビングツアーでは、ナイトロックス認定ダイバーさんは、ナイトロックスを空気潜水の限界時間に合わせて使用してもらっています。ダイブコンピュータの設定をAIRのままにしてもらい、MOD(最大行動水深)だけ注意していきます。
当店でナイトロックス認定をうけた方は、追加費用なくエアーと同じツアー価格で使用できます。
あくまでも、ダイビングの『安全マージン』を高めるための活用法です。

ナイトロックス本来のメリットを活かすこともとても良い活用法ですが、『ナイトロックスを空気潜水のプランで潜る』活用法は、ダイバーの大切な身体をよりサポートするお勧めの使用方法です。


ナイトロックスダイバーコースは座学だけで完了します。
私たちのナイトロックスダイバーコースはよりナイトロックスを広く活用できる方法をお伝えしておりたいへんおススメです。
TDIナイトロックスダイバーコースぜひ受けてみてください。
なんと入門コースのSDIオープンウォーターダイバーコース中にナイトロックスダイバーコースの座学を受講しておくと、オープンウォーターの海洋実習の二日目からはナイトロックスを使用することができますよ。海外旅行の為にCカード取得される方は、世界標準のナイトロックス資格も同時に取得しておきましょう。



evisは愛知県でも最初となる2011年6月30日にナイトロックスガスの製造と販売をスタートしました。
また2018年4月25日には酸素、トライミックス、アルゴンなどダイビング用の全てのガスの製造と販売スタートしている数少ないダイビングショップです。

ナイトロックスも酸素22%から100%までブレンドできますし、ヘリウムをブレンドする様々なブレンディングのトライミックスガスの製造と販売も可能です。

例えば、水深40mのダイブサイトでノンストップリミット内でダイビングを楽しむときには、EAN28をブレンディングしベストミックスでナイトロックスダイビングを楽しむこともできます。

ガスの特性を知りより安全なダイビングをご提案しています。


  1. 1コメントを入力
  2. 2入力内容の確認
  3. 3送信完了
名前必須
メールアドレス
URL
タイトル必須
コメント必須
パスワード必須
Cookieに保存

キーワードから探す