こんにちは。たくさんの方にダイビングを楽しんでほしいと願っているSDI TDIインストラクタートレーナーの加藤大典です。
多くの人に楽しんでほしいと願っていますが、リスクを知らず知らず抱えて潜っている人たちに少しでも安全ダイビングとはなにかお伝えしていきたいと思っています。

ベテランシニアダイバーさん、そしてシニアダイバーと潜ったり施設を提供するプロフェッショナルの皆さんに読んでおいてほしいブログです。


バブル期にヤングなダイバーとして活躍したみなさんも今はいいおじさん。
ずっとダイビング続けている人や生活が落ち着いて再開したおじさんもいると思います。
若いころガンガン潜っていた方は、年をとってもダイビングに対して絶対的な自信をお持ちだと思います。

ちなみにおじさんダイバーとはシニアダイバーと置き換えていいのですが、
年齢でいいますと45歳以上は、おじさんダイバーにカテゴリされます。
私も気が付けばまもなく47歳なので、シニアダイバーに分類されます。
よってダイビングに関しては謙虚でありたいと思っています。

まず、ダイバーとしてなにも問題がないと思っている方は、
いまいちど、問題がないか、自身を再評価してみてほしいです。

例えば、
飲み食いが大好きで肥満体の運動不足気味で高血圧の元気すぎるおじさんだとします。
とても暑がりで水温高ければ、ウエットスーツなしで潜るのが大好きです。
ある日、ダイビング前日に盛り上がって明け方まで深酒。寝不足と脱水症状です。
そして夏のダイビングだからもちろんラッシュガードと水着で潜ります。
潜ってみると冷水塊にあたり、体がかなり冷え、足もつりました。

このような状態で潜ることはたくさんのリスクを背負ってダイビングしていることになりますが、
さらなるリスクについて見逃せません。

それは、『浸水性肺水腫』という病気のリスクです。

浸水性肺水腫は、ダイビング中に急に肺の中に体液がたまる病気で、とくにディープダイビングで起こりますが、水泳で発症することもあるそうです。浸水性肺水腫は減圧症や肺の破裂によって起こるのではなく、低体温症や高血圧が大きく影響します。
胸腔の圧力変化によって肺が膨らみにくくなることで息苦しくなり激しい呼吸をします。息切れしダイバーはひとりで急浮上することもあります。

軽症なら治療で完治できますが、症状に見舞われ苦しさのあまり急浮上することで、さらなるリスクが重なり、大事故につながることもあり得ます。


やはりダイビングのリスクを軽減するには、

●体調管理をしっかり行う。日ごろから食事に気を配り、運動を行い健康体でいることです。明け方まで深酒してダイビングなんてもってのほかです。ダイビング用の病歴書を記入しダイビング禁忌リストにチェックが入るようなら、専門医に相談しダイビングを行うか決断しなくてはいけません。

●また寒さを我慢して潜るようなことも控えたほうがいいです。その水温に合った保温スーツを着用しましょう。

●このような予期せぬトラブル時にレスキューしてもらえる環境で潜りましょう。単独潜水など要注意です。

安全第一にダイビングを楽しみましょう。


ダイビング中のエア切れについてきちんと考えていますか?



本来、呼吸ができない環境である水中で、
ダイバーは呼吸装置をつけて、生命維持ができているわけです。
器材に依存できるスキューバダイビングは比較的簡単に安全に始められ、
ダイバーになるとレギュレターから息が吸えることが当たり前になります。
では自分のレギュレターがいつでも100%吸えるものでしょうか?

結論からいいますと事故になるようなトラブルはめったに起りません。
しかしもしもの時にきちんと対応できる能力を身につけておかないと、
あとで後悔する日が来るかもしれません。

こんなこと話すとやっぱダイビング怖い~とひいてしまう方もいるかもしれませんが、
決して難しいことではありません。まずはこのブログを読んで、ダイバーの方は自己分析してみてくださいね。
またこれからダイビングを始める人は、講習費が安いとか日数が短いとか安易に考えず、
ここに書いてあるようなことをきちんと教えてくれるダイビングスクールに通いましょう。

では、もしもの時に助かれるように準備をしていきましょう。
今日は大切な3つのポイントをお伝えします。


ルール1   残圧をモニターすべし。


そもそもダイバーが自分の残圧を確認し少なくなる前に浮上する行動をとるのなら、
誰かにエアーを分けてもらう可能性はぐっと少なくなります。

では、自分自身が残圧確認ができているのか思い出してみてください。
まずは、一回のダイビングで何回くらいチェックしてるのか?
5分ごと? 10分ごと? 20分ごと? ダイビング2/3経過したとき? ガイドに言われたときだけ?
あなたはどのくらい確認していますか?

いろいろな確認方法があると思いますが、
最も理想的なのは、
ゲージを見ずに残圧を予想しゲージを見た時に一致しているのなら、
かなり残圧を把握して潜っているというレベルにあると思います。
このレベルが理想です。常に空気量を把握しているわけだから安心ですよね。
これは日々チェックする習慣で養うことができますよ。
残圧を見る前に予測してみてください。お勧めのトレーニングです。

まずは、自分の残圧を把握すること。


ルール2  不測の事態に備えるべし

ダイバーと器材は一体となって海の中を楽しみます。
ではその一体となっているダイビング器材は全く壊れないものでしょうか?

答えは、もしかすると壊れるかもしれない。ということ。
つまり器材が壊れて、呼吸ができなくなることは想定外ではなく、
可能性としてあり得るということを理解しなくてはなりません。

まずは下記のデータがとても興味深いです。
アメリカのダイビング雑誌『アドバンスドダイバーマガジン』では下記のようなテストを行いました。
各器材の破損などによりシリンダーのガスがどれだけの時間でなくなるのかデータ取りされました。
例えば、200barの空気ガスが入っている11リットルのシリンダーですと、
・レギュレターのセカンドステージがフリーフローした場合、水面で255秒でシリンダーの空気はゼロになります。
 これが水深30mになると155秒でゼロになります。さらに水深70mでは91秒でゼロになります。
・レギュレターの中圧ホースが破れたりすると、どの水深であろうと83秒でゼロになります。
・シリンダーの安全栓が破裂すると、どの水深であろうと72秒でゼロになります。
・レギュレターの高圧ホース(残圧計のホース)が破れた場合は、意外と思われる方も多いと思いますが、
 どの水深でも22分でやっとゼロになります。

このデータから考えなくてはいけないのは、
エア漏れが起きてもすぐにはゼロにはならないので慌てる必要はありませんが、数分でゼロになるということです。
この間にバディやインストラクターからエアシェアしてもらえる位置関係にあるのかが大切です。

まずはダイバーができることは、
定期的な器材のオーバーホールやメンテナンスを行うこと。
メンテナンスをきちんとすることで器材トラブルのリスクは減ります。
ただまれにメンテナンスした直後に海で使用したらトラブったこともありますので、
私はメンテナンスしたあとは念のため、浅いダイビングでチェックしてから本番のダイビングで使用するようにしています。

しかし器材の故障や破損の可能性が少なくなったとしても、
例えば、流れの早い海の中で何かにつかまって待機している時や、
水中スクーターでダイビングしている時は、
オルタネイトエアソース(オクトパスレギュレーター)から水流がパージボタンにあたり、
フローさせてしまうこともあります。
つまり夢中になって遊んでいる間にガスがフローして10分くらいでゼロになることあります。
水流のあたるようなダイビングではこのようなことも気を付けなければいけません。


ルール3  いつでもエアーがもらえるように いつでもエアーがあげられるようにするべし!


エア切れになったときに対応できますか?

例えば、
あなたのエアーがなくなったときに、あなたのバディはすぐにエアーを分けてくれると思いますか?
もしも不安があるのなら、潜る前にバディと確認が必要です。

指導団体SDI TDIでは、ダイビング前にSドリルを行いましょうと教えています。
Sドリルとは何か?
Sドリルの重要性から普段のダイビングを見直していきましょう。


ソロダイビングについてブログをいくつか書きましたが、
単独潜水(ソロダイビング)は危険なのか? パート1
単独潜水(ソロダイビング)は危険なのか? パート2
西伊豆 獅子浜 SDIソロダイバー&インストラクターコース



続きを読む


TDIエクステンディッドレンジダイバーコースって必要性があるのか?
と熟練のテクニカルインストラクターから問われることがあります。

その理由は、
空気で40m以深に潜ることは、窒素ナルコシス(酔い)のリスクが大きくなるので安全だと思わない。
よって、TDI減圧手順ダイバーからダイレクトにTDIトライミックスコースへいくべきではないか?
と話されます。それも正解ですしTDIスタンダード上問題にもなりません。
また高圧則について懸念される方もおりますが、それあたりはブログで
『テクニカルインストラクターと高気圧作業安全衛生規則について』
に書いておりますのでご参考にしてください。

それではなぜ私はTDIエクステンディッドレンジダイバーコースを
積極的に行っているのかについてお話ししたいと思います。

まずコースの内容ですが、
・TDIはエクステンディッドとトライミックスが、ひとつのマニュアルになっています。
・やるべきスキルがよく似ています。
よって私のコースでは2つのコースをコンボか継続して開催することが多いです。


たしかにヘリウムが入手でき、100%トライミックスが製造できる環境があり、常に使用できるのであればエクステンディッドレンジの出番はありません。
しかしどこでもトライミックスを用意してもらえるわけではありません。またコストの問題もあります。
例えば、ビキニ環礁の沈船群は水深が50mクラス 長いクルーズですべてトライミックスを使用するとコスト的な問題をクリアしなくてはなりません。
また私は海外の探検の時に二度、充填機械が壊れて、トライミックスが当日作れないと言われたことがあります。
ひとつは浅い水深に計画変更すればいいですが、
私は深い沈船の探検目的で、エクステンディッドのスキルがあったので、空気潜水で目的達成できました。
トライミックスが使えない場合の為にもエクステンディッドレンジトレーニングをしておく価値はあると考えています。

たしかに深場の空気潜水は窒素のリスクが懸念されます。
僕も窒素にすごく強いわけではありませんが、
酔いにくくするための方法を理解しているので、それを講習生に教えています。
いまのところ、講習生たちはトレーニング中にひどい窒素ナルコシスにはなっていません。
理想的な呼吸法とスキルやマインドまで整えることで、空気でのガス中毒の影響を軽減できます。


基礎がしっかり整うということは
エクステンディッドレンジダイバーは、テクニカルダイバーとしての成長につながると考えています。

また普段、空気のディープダイビングを行わない方も、
インストラクターが同行するエクステンディッドレンジダイバーコースの中で、
つまり安全が確保されている環境下で、空気の深場のキャリアを積んでおくことも経験の幅が広がると考えています。


またダイビングのトレーニングは時間とコストを考えるとミニマムを目指すと思いますが、
効果的にテクニカルダイバーを成長させると考えると必ずしもミニマムの基準クリアするだけの講習が優秀とは限りません。
たくさんの教育や経験の機会を作ることで、より良いダイバーを育てる時間を持つことができることも大きな理由です。
山形県のアーバンスポーツの相星さんのSDITDIにクロスオーバーを担当したのですが、その時に逆に多くの事を学ばせてもらいました。
『なにかのコースをやるときに、そのコース内容だけではなく、その受講生が不足することころ、理解していないところを補い強化することもインストラクターの役割なんだ。』
そのとおりだと再認識できました。

どのダイビングコースも無駄ではないと考えています。
そのコースにたくさんの価値を見いだしているインストラクターから多くのことを学んでみてください。

TDIエクステンディッドレンジダイバーコース



テクニカルダイビングにおける高気圧作業安全衛生規則はどのように適用させるのか?

コマーシャルダイビング(作業潜水)の現場で、
高気圧作業安全衛生規則により、
簡単に説明すると水深40m以深に空気で潜ることはNGになりました。

さてこの規則がレジャーダイビングを扱う私たちにどのように影響があるのか?

JAUS理事、JAUS亜寒帯研究室 工藤和由さんにお聞きして、
テクニカルインストラクターの対応をまとめました。



まずTDIのオープンサーキットコースでは、
減圧手順ダイバーコースで、最大水深45m。
エクステンディッドレンジダイバーコースで最大水深55m。
トライミックスダイバーコースで最大水深60m。
アドバンスドトライミックスダイバーコースで、100m。
というトレーニング水深が設定されています。



まず、はしめに伝えることは、
トライミックスダイバーコースもアドバンスドトライミックスダイバーコースもヘリウムを使用し、
酸素も窒素も高気圧作業安全衛生規則の範囲内に収められるのでまったく問題がありません。

注意すべきは、
空気を使用し40mを超える可能性のある
減圧手順ダイバーコースやエクステンディッドレンジダイバーコースです。

まずこれらのコースは、減圧手順で30m、エクステンディッドレンジで最低でも40m潜らなくてはなりません。
つまりこの範囲であれば問題ありません。つまり国内でのコース開催自体は可能です。

次に考えたいのが、高気圧作業安全衛生規則は労働者の為のものですので、
ショップオーナーが自身の判断で報酬を得てオーナー自身が潜りコースを開催しているなら、
40m超えていても問題ありません。

ショップスタッフがテクニカルインストラクターの場合は注意が必要です。
スタッフとは労働者になります。つまり高気圧作業安全衛生規則が適用されます。
よって業務としてテクニカルを教えて報酬を得る場合は、
高気圧作業安全衛生規則の範囲にとどめ水深の範囲を考えなくてはいけません。

ただしスタッフが遊びで潜ったり、海外でコースを開催される場合は、
国内法が適用されませんので可能となります。
またテクニカルダイバーやインストラクタコースに参加される場合、
自身のトレーニングは報酬を得ているわけではありませんので、これも国内で行っても問題になりません。

またナイトロックスの活用方法ですが、
高気圧作業安全衛生規則は、PO2が1.6、PN2が4.0以内となっていますので、
例えば、ナイトロックス28を活用することで、水深45mまでの範囲がOKにもなります。

実際のテクニカルダイビング理論と高気圧作業安全衛生規則には若干の違いがありますが、
規則やスタンダードを守り安全にテクニカルダイビングを行いましょう。

協力: JAUS理事、JAUS亜寒帯研究室 工藤和由さん
参考記事: JAUS高気圧作業安全衛生規則の改訂について



展示会などに出展し、いままでお話しする機会のなかった方たちと話す機会も増えました。

そこで感じたのが、
まだまだテクニカルダイバーは誤解されている!!!!!!
ということです。

よって誤解を少しでも解くためにも、このブログでもお伝えしたいと思いました。



2016年から、SDI TDI ERDI JAPAN代表として、
日本のダイビングに変革をもたらしたいと活動しています。

まず、なぜ、変革をもたらしたいのか?
テクニカルダイビングで世界各地を潜り、
その世界観がとても素晴らしいからです。
自分が本当に素晴らしいと思うものがあるのなら、
それを伝えていくことは使命だと思うからです。

俺たちテックダイバーすごいんだぜ! 
と決して、押し付けるつもりもさらさらありません。


わー、いいなーこの環境♬と思ったことが何度もあります。

例えば、メキシコのセノーテは水中洞窟が有名なエリアですが、
とても明るくてセンスのいい白人の50~60歳のおばちゃんが、
二人で、楽しそうにエキジットしてきて、
一緒にいた日本人のテック女子に『そのピンクのヘルメット素敵ね~』
といいながら、車に戻っていきました。

他には、ミクロネシアのチュークでは、
オーストラリアの若者がダブルシリンダーで、
沈船ダイビングを軽い減圧ダイビングでわいわい楽しんでいました。

日本でもこのようなダイビングシーンを見てみたいなと思いました。

ガチのテクニカルダイビングも素晴らしいのですが、
このようなスポーツダイビングの域を超えていて、
すこし軽めのテクニカルダイビングを楽しむダイバーが
日本にも増えたらそれはとても素晴らしいことになると想像してワクワクしています。


関連記事
TDIの定義
https://www.sditdierdi.jp/tdi-blog/entry-248.html
https://www.sditdierdi.jp/tdi-blog/entry-262.html



テクニカルダイバーだからって威張ってんじゃねーよ(怒)

そのとおりです。偉くありません。その分野で卓越しているだけなのです。勘違いしてはいけません。

一流のテクニカルダイバーは自分に自信がありますから、
テクニカルダイビングのことで威張ることはありません。

よってテクニカルダイビングで威張る人は、テックダイバーとしても三流の人だと思ってください。
弱い犬ほどよく吠える。です。

まず第一にポイントになることは、
テクニカルダイビングインストラクターやトレーナーは、
『テクニカルダイバーが偉いわけではないのだよ』
と受講生に教えてあげることがとても大切だと思っています。

フォト派ダイバーさんでも同じことが言えますよね。
なんか一眼の100万くらいするセットを持っているだけで、
やたらと横柄で、偉そうにしている人も何度かお会いしました。
水中写真のいい師匠に出会えなかったのか、聞く耳がなかったのかどちらかだと思います。

偉いかどうかは、自分が決めることではなく、周りが決めることです。
勘違いしないように謙虚でありたいと思います。


レクリエーションのやつら分かってないよ。バカじゃねーの(怒)

テクニカルインストラクターやテクニカルダイバーの中には、
テクニカルダイバーではない人たちの器材や考え方やダイビングスキルを馬鹿にする人もいます。
たしかにテクニカルダイバーのセンスからするとダサく見えたり、スキルがめちゃくちゃだったり、
自分たちの世界観と違うことを非難するような人もいると思います。

違いは違いであって必ずしも間違いではないことをテクニカルをかじった人は理解すべきです。
日本で発展したダイビングスタイルには海外にはないすばらしさもたくさんあります。

僕も自分たちの世界観が好きなので、テクニカルを広めたいという思いはあります。
しかし、長く日本流のダイビングの価値観で潜っている人たちになかなか伝わるものではありません。
この時、『誰も分かってくれない。あいつら分かってね~んだよ』と思ってはいけない。

テクニカルダイバーが考えることは、『まだまだ自分の影響力が足りない』と思うことです。
負け犬のように吠えるのではなく、
伝わるようにさらにテクニカルダイバーとしての自分を磨くしかありません。



テクニカルってなんだよ。遊びの世界にガチなもの持ち込んでんじゃねーよ。危ない(怒)

テクニカルダイビングは遊びです。

テクニカルダイビングは、調査ダイバー、考古学ダイバー、作業ダイバー、軍事ダイバー、探検ダイバー(EXPLORER)など、これまでの卓越したダイバーのノウハウが凝縮されています。そんな結晶なのです。
私たちは、遊びのダイバーです。遊びで潜るテクニカルダイバーは、種類としては、レクリエーショナルダイバーです。つまりみなさんと同じ種類に分類されるのです。遊びの範囲なのです。

またテクニカルダイビングはノウハウが凝縮されていますから、新しい考古学ダイバーや探検ダイバーはテクニカルダイビングから学ぶことで、最先端にたどり着きやすくなります。

ダイビングの発展において、テクニカルダイビングの発展は間違いなく重要です。
テクニカルをやらない皆さんがお世話になっているダイブコンピュータも器材もナイトロックス(エンリッチ)も
すべてテクニカルダイビングに由来しています。
これからもテクニカルダイビングの世界において、ダイビングの技術革新がおこなわれていきます。
先を切り拓く人たちを、非難するのではなく、
テクニカルダイバーの言っていること、やっていることの中から、
自分たちに役立つものはないかよく傾聴し観察してみてください。
新しい気づきがあるはずです。


そしてテクニカル否定派のみなさんにお願いもあります。
テクニカルダイビングが大好きな人たちからしてみると、
テクニカルダイビングを馬鹿にされたり、否定されることは、
自分の大切なものを傷つけられているようで、悲しくなります。
つまりテクニカルダイバーも他人のダイビングを馬鹿にしてはいけないのです。


好きなダイビングをすればいいです。
お互いに寛容であるべきだと思います。
人の趣味にいちゃもんつけることは誰もハッピーにならないと思います。

価値観の違いは衝突が生まれやすいです。
情熱とはすばらしいことですが、
特にお互いが真剣であればあるほど、炎上します。

お互いの違いを理解して、より優れている部分があるのなら、
よりいいものを選択すればいいのです。
伝統に縛られる必要もありません。

とても重要な注意点もあります。
これは本当に重要です。
都合の良いところだけ選択して、
自分の苦手なところだけ見なかったことにして、
取り入れたとすると、その人が目を背けたことによって想定外のリスクが生まれます。

特にそれぞれの立場でお互いに発言しなればいけないこともあります。
それは安全に対して問題があるときです。
いまの日本のダイビングスタイルには安全の上、欠陥があることは断言できます。
もちろん日本の優れたプロフェッショナルは独自に安全になるように仕組みを作っています。
しかしそれはその人の影響力のある範囲でしか通用しません。

世界基準であるテクニカルダイビングで安全について考え続けている立場から意見はしていきたいと思っています。
ぜひ話を聞いてください。私も異なる意見に対して傾聴していきます。
互いにオープンマインドで。
指摘されたときの回答が、言い訳や屁理屈になっていないか、自身を見つめなおすことも必要ですね。

もしも相手が自分の意見を絶対曲げない、負けないことだけにフォーカスしているだけの人であるのなら、
それが例え屁理屈でも意見を押し通されるので、そのような方とは、話し合いにならないですから、
その場合はフェードアウトさせていただくこともあるかもしれません。



先日の展示会では、テクニカルダイビングの大先輩たちと交流でき、様々な意見を聞いて学ばせていたたきました。
これからの活動に反映していきたい思います。

スキューバダイビングが大好きです。
そこはみんな同じだと思います。
せっかく好きなことしているのですから、
みんなハッピーになれるようにこれからもブログでも発信していきます。