ケーブダイバーがガス供給の3分の1を侵入と探検に使用し、3分の1をエキジットに使用し、残りの3分の1を緊急事態の予備にします。


Type I bends
関節痛、皮膚の赤み、痒みなどを特徴とする、減圧症の症状。


Type II bends
脊髄などでの気泡が肥大化する、非常に重症の減圧症の形。症状には、脚のピンで刺されたような痛み、背中、腹部の痛み。脚の虚脱、麻痺などがある。


マスク・スノーケル・フィンを併せて3点セットと呼びます。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す