水の力でその物体にかかってくる圧力のこと。
海では、水深が10m深くなるごとに大気圧とほぼ同じ圧力が増加していく。
つまり、水深10mでは大気圧の2倍の2気圧がかかることになる。 


温度の違う水が交じり合わずにできる水の層。
かげろうの様にモヤモヤとして見えます。
太陽で温められた水面付近と太陽の熱が届かない下層との境目や、岩陰などでよく見られ、水面に対して平行にできる場合と垂直にできる場合があります。


水中で網や海藻、岩の間などに体や器材が引っかかったり、からまったりして動けなくなること。
めったに起こりませんが、万一に備えてダイビングナイフを携行します。


水中スレート
水中で文字を書くことができるプラスチック製の板。水中でのコミュニケーションは手信号が基本ですが、それでは伝えきれない場合に筆談をしたり、潜水中のデータや観察した生き物をメモしたりするのに役立ちます。

水中ノート
耐水紙を使った水中用ノート


※簡単に書いたり消したりできるマグネットタイプのものもあります。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す