スノーケリング(Snorkeling)とは、主に水中マスク(水中眼鏡)、スノーケル(パイプ状の呼吸管)、フィン(足ヒレ)、スノーケリングベストといった用具を身に付け、水面での浮力を十分に確保しつつ、水面上を漂うように移動し、口にくわえたスノーケルを通して常に呼吸活動を継続しながら、水面から水中の様子を観察する活動のことをいいます。

スノーケリング教室でレクチャーをうければ、お子様からお年寄りまで気軽に海遊びを楽しむことのできるスポーツ。

基本的にはライフジャケットやウエットスーツなどの浮かぶ素材を身につけているので、浮き輪で遊ぶ海水浴の延長のようなかんじです。

いわゆる素もぐり(スキンダイビング)とは別ものです。

スキューバダイビングスクールでスノーケリングも同時に習うことができます。

evisのインストラクターはJSA(日本スノーケル協会)のスノーケリングインストラクターでもあり、自社プールにてスノーケリング教室も開催している。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す