オーバーヘッド環境とは洞窟や沈船などの天井があり、すぐに浮上できない環境のことをいいます。
減圧停止ダイビングを行う場合は、見えない天井があるようなものなので、ソフトオーバーヘッド環境と呼ぶ。


1905年、スコットランドの生理学者であるジョン・スコット・ホールデンは、海軍の深海潜水調査委員会と協力してベンズの減少を試みる研究を始めました。ホールデンは、山羊での実験を通して、体内の各組織はそれぞれ異なる速度でガスを吸収して排出すると結論づけました。
彼は「組織コンパートメント」の概念を導入し、それぞれに固有のハーフタイムがあるということを提唱しました。ホールデンはまた、組織コンパートメントに一定の許容圧力限界点を設定しました。
その組織コンパートメントは、ハーフタイム5分、10分、20分、40分、および75分の5つの組織として定義されました。

1908年、ホールデンは人類で初めて科学的に推測された減圧モデルに基づいたダイブテーブルを作成して公開(衛生ジャーナルに記載)しました。ホールデンの結論は世界中で支持され、彼が見出した方法は現代の減圧モデルの基盤となりました。


単独潜水のこと。
レクリエーショナルダイビングにおけて、
スポーツダイビングではバディダイビング。
テクニカルダイビングではチームダイビングが基本スタイルであり、
単独潜水は禁止されています。

ただし、スポーツダイビングの範囲において、
指導団体SDIではSDIソロダイバープログラムがあり、
安全なソロダイビング活動ができるようになるプログラムがあります。
SDIソロダイバーコースはこちら
SDIは現在ソロ認定をする、ただ1つ の国際的に認められた指導団体です。
このコースの参加条件には、アドバンスドアドべンチャーダイバー、またはアドバンスドオープンウォーターダイバーに、さらに最低100ダイブのログブックの記録が必要です。

ソロダイビングに関する記事
単独潜水(ソロダイビング)は危険なのか? パート1
単独潜水(ソロダイビング)は危険なのか? パート2


Resuscitation:意識不明または死亡に見える人を生き返らせること。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す