Gas Micronuclei
体内の核形成部位と呼ばれるところで発生し、そこでは、血流の乱れや組織の活動のために不活性ガス濃度が変化します。
これは、体内の液体部分及び各組織の結合組織の結合力を弱めて、気泡の形成および膨張のための種をまくことになります。
ガスマイクロ核の存在は気泡形成の可能性を高めますが、必ずしも気泡が形成されるわけではありません。


血液が体内を巡ること


高濃度の領域から低濃度の領域へ分子が移動すること


gas matching
バディチームのメンバーの開始ガス量が大幅に異なる場合に行う行為を指します。
緊急時に互いのガス量が足りるように計算します。


カバーンダイビングとは、日光が入る時間帯で、入り口の景観を見ることができる様な、自然のオーバーヘッド環境を探索することです。
ダイバーが洞窟の入り口が見える範疇を越えて探検することはケーブダイビングであり、カバーンダイビングではありません。
そして、太陽が沈んだ時には、全てのカバーンはケーブと見なされます。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す