Gas Micronuclei
体内の核形成部位と呼ばれるところで発生し、そこでは、血流の乱れや組織の活動のために不活性ガス濃度が変化します。
これは、体内の液体部分及び各組織の結合組織の結合力を弱めて、気泡の形成および膨張のための種をまくことになります。
ガスマイクロ核の存在は気泡形成の可能性を高めますが、必ずしも気泡が形成されるわけではありません。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す