減圧計算における保守性(より安全に潜ること)に対する一貫したアプローチし、減圧ゾーンの範囲内でディープストップを行って過剰圧力勾配をコントロールし、減圧プロファイル全体にわたるM値から一定の安全マージンを確保すること。
ユーザーが係数を選択することが可能で、ダイビング後の気分や体調に応じて減圧プロファイルをダイバーが“微調整”することができます。ダイバーは、GF(Lo)を減らすことによって最初のディープストップの水深を深くすることができ、GF(Hi)を減らすことによってシャローストップを長くすることができます。


Equivalent Air Depth (EAD)

空気より窒素ガスの割合が少ないエンリッチドエアーナイトロックスガスを使用すると、身体溶け込む窒素量が減ります。
つまり空気ダイビングよりノンストップリミットが長くなります。

空気相当水深を割り出すには、使用するナイトロックスガスの酸素%から換算して、実際に潜る水深から空気に換算した水深を割り出します。その方法はEADテーブルを使用したり公式EAD = [[ (FN2 / .79) x (D + 10) ] - 10に当てはめることで割り出すことができます。

実際水深より空気相当水深のほうが、浅い水深が割り出されます。その水深でダイブテーブルを引きますと、ノンストップリミットが延長されていることを調べることができます。


洞窟や沈船など、自分のための目印として使用するもの。
プラスチックでできており、水中のラインにとりつける。


周囲に対する注意力や把握していること
自分の周辺の関心と感覚。
ダイビング環境の把握すること
チームやバディを把握すること
Global awareness


ワンタッチで簡単に外すことができる構造。
ウェイトベルトやBCジャケットのベルトのバックルはこの構造になっています。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す