心肺蘇生法。人工呼吸や心臓マッサージなどの救命処置。

ちょっと前まで、人工呼吸2回 心臓マッサージ15回といわれていましたが、最新の手順では、人工呼吸2回 心臓マッサージ30回に更新されました。

以前の方法でも問題はありませんが、より蘇生率の高い最新の手順を身につけることをオススメします。


以前、evisにてCPRのコースにご参加の方は、コース開催時に無料でバージョンアップ講習に参加できます。 


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す