累積CNS曝露の計算で使用される表

PO2レベルのそれぞれについての限界を決めていて、そのPO2の範囲は、0.6 から1.6 bar / atmまでになっています。この限界は、時間に基づくもので、CNS酸素中毒のリスクをコントロールしようというものです。この限界のスケジュールのことを、時に、“CNSクロック”と呼びます。


ダイビング用語集へ戻る