Reduced Gradient Bubble Model 縮小勾配気泡モデル

ブルース・ウィンケは、VPMから枝分かれした縮小勾配気泡モデル(RGBM)と呼ばれる独自の気泡モデルを作成しました。

VPM-Bは、気泡体積(変化)に浮上プロファイル計算の基礎をおいていますが、RGBMは最初のディープストップを計算するために気泡体積(変化)を利用し、伝統的な溶解ガスアプローチを用いてより浅い深度でのストップを計算します。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す