安全なダイビングを実践したにも関わらず罹患してしまった減圧症状は、「不当な罹患(ヒット)」と呼ばれていましたが、近年新たな証拠によって卵円孔開存(PFO)の存在がその主要な原因であるのではないかと思われるようになりました。そして約25%の人がその卵円孔開存だと考えられています。人間の心臓は中隔と呼ばれる筋肉の壁によって2つに分けられ、各側にはそれぞれ心房および心室と呼ばれる2つの室があります。心臓の右側は、それ以外の体内組織から(二酸化炭素が排出されて酸素が吸収される)肺へ、静脈血または脱酸素血を送り込む働きをします。そして、肺で酸素を補給した血液は心臓に戻り、左側の動脈を通って身体の様々な組織に送られます。人間の胎児は、臍帯を介して母親から酸素を含まれた血液を受け取るので、血液はまだ機能していない肺を通過する必要はありません。胎児には心臓の上部の2つの室を隔てる筋肉の壁に卵円孔と呼ばれる開口部があります。卵円孔は単なる穴でなく、血液が肺を迂回して心臓を(右から左へ)一方向に通り抜け、それ以外の身体組織へ流れて行くようにするドアのような組織です。赤ちゃんが生まれると臍帯は切断されて、赤ちゃんは自分自身で呼吸を開始します。
すると、ガス交換が行われるように心臓は肺を通して血液を各組織に送る必要が生じます。
大部分の人間の卵円孔は出生後に完全に閉鎖します。しかし、穴が適切に閉じないケースがあり、卵円孔開存またはPFOと呼ばれています。通常は心臓の左心房の圧力は右の圧力よりも高いため、卵円孔開存であっても卵円孔は閉じたままであり、血液がそれを通り抜けることはありません。しかし、身体に負荷がかかると、左右の心房の圧力が変化することがあります。そして、圧力変化が起きると卵円孔が開いて血液が右心房から左心房へ流れることがあり、その血液は肺を通らないで心臓から体内に戻すような形で送られてしまいます。


ダイビング用語集へ戻る