1950年代初頭、アルバート・R・ベンクは、減圧症の発症には至らないながらも身体内に形成される気泡について述べるために、「サイレントバブル」という用語を初めて用いました。当時、これらの一見無害な気泡の存在を直接確認する方法はありませんでしたが、ベンクは実験に基づいてその存在を推測することができました。サイレントバブル、またの名をマイクロバブルは、肺胞を取り囲む毛細血管でガス交換されるまで体内の血液中を巡ります。 そして気泡内のガスは血液から肺に拡散し、呼気によって排出されます。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す