1912年、ジョージ・スティルソンが米国海軍のためにホールデンの研究成果をテストし、18m (60ft)を超える、それまでの米国海軍ダイバーの潜水可能範囲を延長するためのプログラムが開発されました。1915年までに海軍のダイバーが83m(275ft) に到達する潜水を行った研究の結果、海軍は独自の減圧テーブルを発表しました。
1924年、スティルソンのプログラムで開発された多くのトレーニングと手順を取り入れた初のUSネイビー潜水マニュアルが出版されました。
1937年には、より長く深い潜水を適切に考慮する中で、ホールデンのハーフタイム5分と10分の組織コンパートメントを使わない修正テーブルが発表されました。そして、残りの組織コンパートメントには、独自の許容過剰圧力限界点が割り当てられました。 しかし、これらの修正されたテーブルは依然として問題のある結果をもたらしたので、1956年にテーブルは再び修正され、5分および10分の組織コンパートメントが復元され、120分のコンパートメントが追加されました。このように再修正された減圧テーブルによって、ベンズの発症率は60%ほど低下しました。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す