ウェットスーツと同じく、水中での体の保温、保護が目的です。
ブーツまで一体になっていて、手首と首のシールで水を遮るので、頭と手以外は身体が濡れません。
ウェットスーツより保温性が高いので、水温が低い場合に効果的です。日本(本州域)ではドライスーツでのダイビングが主流です。
また体が直接水に触れないのでダイビング後の疲れも少ないです。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す