Variable Permeability Model 可変透過率モデル

1970年代にデヴィットE.ヤント博士を含む何人かの科学者は、気泡の形成とゼラチン状物質の成長のメカニズムをモデル化するために計画された実験を行って、ブライアン・ヒルズの初期の研究を拡大し始めました。1986年、ハワイ大学で、この研究の成果から可変透過率モデル(Variable Permeability Model:VPM)が開発され、そのモデルから特殊な減圧テーブルが作成されました。そのアルゴリズムを利用したい人は自由に使うことが出来るという点から、VPMは今日使用されている最も一般的な減圧モデルの1つとなっています。


ダイビング用語集へ戻る

キーワードから探す